全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

イクラ「高値」の花 年末需要で品薄懸念 帯広

筋子は昨年より4割高。イクラは品薄で数は少ない(ダイイチ東店で)

 イクラが品薄となり、価格が高騰している。サケの不漁で供給不足となったのが主な要因で、帯広地方卸売市場の卸値は昨年に比べ5割ほど上昇、過去30年で最高水準となっている。12月から本格的な需要期となるが、近年の品薄傾向から在庫もほとんどなく、売れ行きによっては品切れの可能性も。帯広市内のスーパーやおせち業者、すし店などは、先が見通せない状況に頭を痛めている。

 帯広地方卸売市場によると、同市場で扱うイクラは例年6、7トンだが、今年は3トンほどにまで減少。価格も1キロ5000円ほどだったのが、1万円台に上昇している。担当者は「勤務してきた30年間で記憶にない数字」と話す。今年は全国的にサケが取れず、市場に出回る生筋子も激減。近年続く品薄のため在庫はほとんどなく、各地で取り合いになったことも価格高騰に拍車を掛けた。

 12月からは歳暮、おせち用としてイクラの需要が本格的に高まる。売り上げ低下も考えられるが、同市場では「半分売れれば昨年と同じ額。それぐらいはいくと思う」と予想。一方、在庫はほとんどないため「予想以上に売れれば、年内でなくなる可能性もある」とする。

 スーパーのダイイチは11月時点での影響はあまりないとするが、例年、家庭で作るおせちなどで需要が増える12月の売り上げ低下を懸念。既にシーズンを終えたが、値上がりした生筋子は「相当(売り上げを)落とした」(担当者)といい、イクラについても「落ちると予想している」と厳しい見方を示す。今、店頭に置かれているのは加工の筋子が主。イクラは数自体が少なく、価格は昨年より3~4割ほど高い100グラム1380円前後となっている。

 一方、市内でおせちを作る業者は、値上がりを想定しイクラの仕入れ価格を設定。食材の組み合わせなどを工夫し、おせちの価格自体は昨年並みを維持する。イクラが予想以上に値を上げる中、「今年は仕方ない。来年どうするか、価格や量の変更も含めて考えるしかない」と話す。

 イクラの価格高騰で、市内のすし店では値上げを検討する声も。寿司正の正木利男代表は「水産物はどれも同じ状態。高くてなかなか入ってこない」とし、江戸前すし友の藤平考征店長も「値段設定した当時とは全然違う。仕入れられる量も価格も、どうなるか分からない状態」と苦境を話している。

関連記事

新城で大団扇を背負う「放下おどり」

 高さ3㍍の大団扇(おおうちわ)を背負い、太鼓を打ち鳴らして踊る「放下おどり」が14日、新城市大海で行われた。  踊りは室町時代中期に放下僧が伝えたとされる民俗芸能。毎年盆の時期大海地区はじめ、名...

宇部日報社

お盆に合わせて常夜灯を点灯

 盆に合わせて、江戸時代に造られた山口県山陽小野田市刈屋漁港の常夜灯が点灯された。幻想的な光を放ち、船を導く役割を担った当時の面影をしのばせている。20日まで午後8~11時に点灯する。常夜灯は1...

荘内日報社

公益大生がカフェ開設

 東北公益文科大学(酒田市、吉村昇学長)の学生有志でつくる地域おこし団体「Praxis(プラクシス)」(加藤雄大代表)は来月上旬、同市日向地区の空き部屋を活用してカフェサロン「AL COFFEE」...

紀伊民報社

にぎわい最高潮 盆休みの白良浜海水浴場

 盆休みは和歌山県白浜町の白浜温泉街が一年で最もにぎわう時期。好天となった14日、白良浜海水浴場は午前中から多くの人出で混雑した。「白浜の夏」は最高潮を迎えている。  白良浜のサーフパトロール本...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク