全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

上諏訪街道呑みあるき 来春は2日間に拡大

日本酒ファンでにぎわう「上諏訪街道 呑みあるき」。来年春は3月23、24の2日間行う=9月23日、諏訪市

 諏訪市の酒蔵5店を巡って日本酒を味わう催し「上諏訪街道 呑みあるき」の実行委員会は来年春の次回を3月23、24日の金曜、土曜の2日間行うと決めた。近年は1日のみで実施してきたが、約3000人が来場する人気イベントになっている現状を踏まえ、参加者を分散させて交通面の安全確保を図る。実行委によると、2日間開くのは2007年春以来。

 国道20号沿いの舞姫、麗人、本金、横笛、真澄の各蔵元を巡るイベントで沿線の商業者らでつくる「上諏訪街道21」が企画して1998年春に2日間のイベントとして開始。2002年から秋(1日のみ)を加え、08年から春も1日にしている。14年から実行委組織で運営し、現在は長野日報社などが共催している。

 イベントは五蔵の日本酒が楽しめるとあってファンに定着している。一方で酒蔵が並ぶ国道は交通量が多く、安全確保策が課題。人でごった返し、「酒蔵で人がさばき切れない」(実行委)状態にもなっているという。北澤光彦実行委会長(43)は「実際に酒造りをしている場所で日本酒を楽しんでほしいというイベント。なるべく多くの人に知ってほしいし、そのための環境を整えたい」としている。来年秋以降は春の状況をみて判断する。

 1日当たりのチケット枚数は3000枚から2000枚(前売り1800枚、当日200枚。両日とも)に減らす。各日限定のチケットで共通券はない。前売り券は1月中下旬から販売する予定。開催時間は午後1時~同5時で変わらない。

 呑みあるきの公式サイトで30日から次回日程を発信する。問い合わせは宮坂醸造(電話0266・52・6161)へ。 

関連記事

長野日報社

萩倉のクラフトビール 田村さんが醸造工場、初出荷 長野県下諏訪町

 長野県下諏訪町萩倉で、かつて同町の酒造会社で蔵人として働いていた田村治男さん(35)=同町東町上=がクラフトビールの醸造を始めた。同地に建てた醸造工場で4月から仕込んできたクラフトビールを5月...

長野日報社

IWCリージョナルトロフィー 長野県辰野町の小野酒造店「夜明け前」が獲得

 英国のロンドンで行われた世界最大規模のワイン品評会「インターナショナル・ワイン・チャレンジ(IWC)2022」のSAKE部門・大吟醸酒の部で、小野酒造店(長野県辰野町小野、小野能正社長)の「...

生黒ごまソフト食べて 帯広市内に十勝初の専門店「クリム」

 十勝初の生黒ごまソフトクリーム専門店「K.L.I.M(クリム)帯広店」が、健康をテーマとした帯広市内の複合施設「omoto」(西2南18)内にオープンした。同施設を運営する一般社団法人看しず...

荘内日報社

フェミナリーズ世界ワインコンクール 月山ワイン金賞受賞 庄内産ブドウ100..

 世界の女性のワイン専門家が審査する「第16回フェミナリーズ世界ワインコンクール」で、鶴岡市越中山のJA庄内たがわ「月山ワイン山ぶどう研究所」(成澤健所長)が醸造した「ソレイユ・ルバン 甲州シュール...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク