全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

上諏訪街道呑みあるき 来春は2日間に拡大

日本酒ファンでにぎわう「上諏訪街道 呑みあるき」。来年春は3月23、24の2日間行う=9月23日、諏訪市

 諏訪市の酒蔵5店を巡って日本酒を味わう催し「上諏訪街道 呑みあるき」の実行委員会は来年春の次回を3月23、24日の金曜、土曜の2日間行うと決めた。近年は1日のみで実施してきたが、約3000人が来場する人気イベントになっている現状を踏まえ、参加者を分散させて交通面の安全確保を図る。実行委によると、2日間開くのは2007年春以来。

 国道20号沿いの舞姫、麗人、本金、横笛、真澄の各蔵元を巡るイベントで沿線の商業者らでつくる「上諏訪街道21」が企画して1998年春に2日間のイベントとして開始。2002年から秋(1日のみ)を加え、08年から春も1日にしている。14年から実行委組織で運営し、現在は長野日報社などが共催している。

 イベントは五蔵の日本酒が楽しめるとあってファンに定着している。一方で酒蔵が並ぶ国道は交通量が多く、安全確保策が課題。人でごった返し、「酒蔵で人がさばき切れない」(実行委)状態にもなっているという。北澤光彦実行委会長(43)は「実際に酒造りをしている場所で日本酒を楽しんでほしいというイベント。なるべく多くの人に知ってほしいし、そのための環境を整えたい」としている。来年秋以降は春の状況をみて判断する。

 1日当たりのチケット枚数は3000枚から2000枚(前売り1800枚、当日200枚。両日とも)に減らす。各日限定のチケットで共通券はない。前売り券は1月中下旬から販売する予定。開催時間は午後1時~同5時で変わらない。

 呑みあるきの公式サイトで30日から次回日程を発信する。問い合わせは宮坂醸造(電話0266・52・6161)へ。 

関連記事

紀伊民報社

龍神産そば粉使用 ハンバーガーやクッキー

 和歌山県田辺市龍神村柳瀬の産品直売所「村の爺婆(じじばば)の店 まあはいらんせ」が、夏の行楽シーズンに合わせて、地元産のソバを用いたハンバーガー、たい焼き、クッキーの新商品を売り出した。  ...

長野日報社

八ケ岳生とうもろこし 「諏訪の国」第1号商品

 諏訪地方観光連盟(会長・金子ゆかり諏訪市長)は7月31日、観光地域ブランド「諏訪の国」第1号商品の認定式とオリジナルメニューの発表会を東京都内のレストランで開いた。諏訪エリア観光特使を務め...

水耕メロン道内初成功 バイオガス余剰熱で 新得

 道内有数規模のメガファーム「友夢牧場」(町上佐幌基線108、植田昌仁社長)のハウス内で、頭上の棚からメロンが鈴なりに垂れる珍しい光景が広がっている。1株に数十個もなる上に、甘みも強いという画期的...

清水の十勝若牛 カツサンドに 新千歳で来月発売

 JA十勝清水町(串田雅樹組合長)は、菓子メーカーのもりもと(千歳市、森本吉勝社長)と弁当チェーンを展開するアイチフーズ(札幌市、森谷明弘社長)と連携し、十勝若牛の空弁カツサンドを開発した。8月1...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク