全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

白浜駅前に活気を ビル改装計画

美容室の出店を予定しているビル(和歌山県白浜町堅田で)

 JR白浜駅前に活気を呼び戻そうと、和歌山県白浜町出身の美容師尾崎寿貴さん(32)=大阪府吹田市=が、駅前のビルを美容室と交流スペースに改装しようとしている。まちの人が互いの活動や情報を共有できる場づくりが目的。来年3月のオープンを目指し、改装費用の支援をクラウドファンディング(CF)で募っている。

 出店場所は白浜駅前にある3階建てビルの2階。かつて祖父が「純喫茶真珠」を経営していた。オープンする美容室も名前を受け継ぎ「SHINJU」にする。
 尾崎さんは田辺工業高校を卒業後、大阪府の美容師養成専門学校に進学。現在は大阪府で複数の店を展開する美容室の1店で店長を務めている。
 美容師になった頃から、いつかは地元で店を開きたいとの思いがあった。10年以上経験を積み、いよいよ出店となった時、候補をいろいろ考えたが、最も思い入れが強かったのがこのビルだった。
 「子どもの頃、周辺は食堂や土産物店、パチンコ店などがあり、にぎわっていた。一方で活気がどんどん失われていく姿も見てきた。祖父の店も中学卒業の頃には閉店。今は見る影もないシャッター街になった。ここをまたにぎやかな場所に変えたい」と決断した。
 店の半分は美容室、もう半分は地域の人が集まるシェアスペースにする。シェアスペースには農産物やパン、菓子、手作りの雑貨などを販売、PRできるアンテナショップの機能を持たせる。駅前の立地を生かし、地域内外をつなぐ場所にもしたいという。
 「開業準備を進める中で、僕自身、地元でも知らないことが多いのに気付いた。こんないいものが作られているとか、面白い活動があるといったことを共有し、いろんな人がつながり合える場所にしたい。ここを起点に駅前に笑顔と元気が広がればうれしい」と意気込んでいる。
 開店費用は、内外装工事や機材購入などで約1千万円を見込んでいる。資金調達は主に融資を受ける予定だが、CFサービス「Readyfor(レディーフォー)」も活用している。返礼品は5千円でカット1回チケットとオリジナルステッカー、1万円でカット3回チケットなど。支援募集は8月9日午後11時まで。

関連記事

難失聴でもガイド楽しみたい おびひろ動物園でアプリや筆談体験会

 聞こえない人や聞こえにくい人でも、施設ガイドの説明を楽しみたい-。帯広市中途難失聴者協会(佐々木亜規子会長)は、音声をリアルタイムで文字化するアプリ「UDトーク」や筆談でガイドを楽しむ体験会を1...

荘内日報社

歴史と文化つなぐ26万6000点一括管理 酒田市文化資料館 光丘文庫オープン 「日..

 酒田市総合文化センターの旧中央図書館を活用して市が整備した市文化資料館光丘文庫(館長・金野洋和市文化政策調整監兼文化政策課長)が18日、オープンした。市立資料館、市立光丘文庫に加え、公文書館や埋蔵...

宇部日報社

小学校運動会、青空の下で全力疾走 見初小は地域と合同【宇部】

 宇部市内小学校のトップを切って18日、見初、神原、原、黒石の4校で運動会が行われた。雲一つなく初夏の日差しが照り付ける中、子どもたちは保護者や地域住民の前で練習の成果を披露した。  地域と...

長野日報社

「八幡屋礒五郎」と契約しトウガラシ栽培 シカ食害遭いにくく 長野県下諏訪町

長野県の下諏訪町農業技術者連絡協議会(農技連)は、トウガラシの製造・販売業「八幡屋礒五郎」(長野市)と契約を交わし、今年度から町内で新たにトウガラシの栽培に取り組む。17日は町内赤砂の畑で苗の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク