全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

ジャバラ飲料の新商品を開発

「じゃばらいず北山」が新しく開発したジャバラ果汁入り飲料「じゃばらのんでたもれ」(和歌山県北山村下尾井で)

 和歌山県北山村から特産かんきつ「ジャバラ」の事業を引き継いだ村出資の株式会社「じゃばらいず北山」(北山村下尾井)は、新商品として果汁入り飲料「じゃばらのんでたもれ」を開発した。インターネット(https://kitayama-jabara.jp/)を中心に販売している。

 ジャバラはさっぱりとした甘酸っぱさや爽やかな香りが特徴。初めてジャバラを口にする人でも飲みやすいよう、新商品では果汁の配合を工夫して、酸味を抑えた適度な甘みに仕上げた。
 商品名の「のんでたもれ」は、北山村の方言で「飲んでみて」を意味する。皮ごとまるごと搾った生果汁を使用しており、花粉症の抑制に効果があるとされる成分「ナリルチン」のほか、ビタミンやクエン酸なども豊富に含まれているという。
 1本160ミリリットル入りで、20本のセットで販売している。価格は税込み3240円。同社の担当者は「ほどよい酸味や風味など、ジャバラの良さを詰め込んだ商品。贈答用としても人気があり、クエン酸が含まれているので夏バテ予防にもお薦め」と話している。
 同社では、「じゃばらのんでたもれ」など計10本を詰め合わせた「じゃばらドリンク初めてセット」(税込み3700円)や、家庭でも手軽に調理ができる「じゃばらジャム手作りキット」(同2376円)などもインターネット通販で販売している。  問い合わせは、じゃばらいず北山(0120・928・933)へ。

関連記事

豊川でアールスメロンの出荷最盛期

 メロンの生産が盛んな豊川市で、ネット系の「アールスメロン」の出荷が最盛期を迎えた。今年4月に完成し、7月から本格稼働した同市三上町のJAひまわり「総合集出荷センター」では、農家が持ち込んだメロン...

6店と8農家のグループ 地産地消の新メニュー発表会 豊橋市

 豊橋市は16日、駅前大通2の「エムキャンパスフード」で、飲食店や菓子店と生産者が夏の農産物を使って共同考案した地産地消の新メニュー発表会を開いた。事前のマッチング会で結ばれた6グループが延べ12品を...

金曜日限定で「お寿司屋さんのスパイスカレー」 ファン広がる 広尾・鮨正

 広尾町内の飲食店「鮨正」が、金曜日限定で「お寿司屋さんのスパイスカレー」(750円)を提供し、評判を呼んでいる。1週間仕込んだ本格カレーを、すしシャリ(酢飯)で味わうのが特徴。店主の新谷要一さん...

豊橋名物「濱納豆」普及へ 國松本店がイベント

 発酵食品「濱納豆(はまなっとう)」の製造販売を手がける豊橋市船町の「國松本店」は10日、濱納豆普及のワークショップや料理のプレゼンテーションを本店イベントホールで開いた。  創業140年。...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク