全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

車いすのヤギ「ユズ」死ぬ おびひろ動物園

車いすで元気に過ごしていた頃のユズ(2019年7月)

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)の、車いすを使っていたヤギ「ユズ」(雌、11歳)が25日に死んだことが分かった。同園で現在飼育するヤギの中では最高齢だった。

 同園によると、ユズは日本ザーネンと呼ばれる種。寿命は10年以上で、15年生きる個体もいる。ユズは今年春ごろから食欲が落ち、健常時に45キロほどあった体重はここ2~3カ月で約35キロに減少。衰弱し、ここ数日は重篤状態だった。

 宿直員が25日朝、ユズが動かなくなっているのを見つけた。獣医師による検査の結果、死因は誤嚥(ごえん)性肺炎だった。

 ユズは2010年3月10日、十勝千年の森(清水町)で生まれ、1歳の時に同園での飼育が始まった。18年秋ごろから左前足の関節が原因不明で固まり、自力で立てなくなった。飼育員が古くなった人間用の車いすの背もたれをなくすなど改良して専用の車いすを作り、ユズは展示場所に復帰していた。

 柚原園長は「おとなしいが、好奇心旺盛で人なつこく、ふれあい広場でもお客さんを楽しませてくれていた」と振り返った。ユズの死により、同園のヤギは6頭となった。

関連記事

荘内日報社

「ばんけせんべい」完成 オリジナル米菓販売スタート 公益大生×酒田米菓×メカ..

 東北公益文科大学(酒田市、神田直弥学長)の学生たちが、菓子製造・酒田米菓(同市両羽町、佐藤栄司社長)、環境設備・装置製造などのメカニック(同市砂越、佐藤優社長)と共に取り組んだオリジナル米菓「ば...

父の遺志継ぎ寄り添う医療 帯広20条小児科内科クリニック診療再開

 20条小児科内科クリニック(帯広市西20南3、佐藤琢史院長)が15日、リニューアルして診療を再開した。先代院長の佐藤範宏さん=享年(71)=の死去で休診していたが、東京都内で小児科医をしていた長...

宇部日報社

核廃絶願い 被爆者囲み茶話会 「さぽらんて」で原爆展【山口】

 山口市原爆被害者の会(永野和代会長)主催の原爆展が、道場門前2丁目の市民活動センター「さぽらんて」で開かれている。14日には展示会場で被爆者を囲んでの茶話会があり、13人が核兵器の根絶と世界...

ヤドリ浜で海開き 奄美大島瀬戸内町 地元高校生らも海岸清掃

 鹿児島県瀬戸内町蘇刈のヤドリ浜で13日、奄美せとうち観光協会主催の海開き神事が行われた。同協会マリンレジャー連絡会関係者や奄美せとうち海っ子クラブ所属の高校生ら約40人が参列し、海の安全を祈願...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク