全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

水面すいすい気分爽快 米代川でカヌー体験ピーク

親子で力を合わせて川下りを楽しむ米代川カヌー体験。夏休み期間とも重なり、多くの人が体験している

 「真夏日」が続く能代山本。能代市二ツ井町の米代川でカヌーシーズンの最盛期を迎えている。子どもたちの夏休みも重なって県内を中心にカヌー体験を楽しむ人たちが増えており、カヌー体験の絶好のスポットとして親しまれている。

 能代市二ツ井町周辺の米代川は、きみまち阪公園や七座山など美しい景色を楽しみながら緩やかな流れの中を下ることができるカヌークルージングエリア。NPO法人二ツ井町観光協会カヌースクールは、地元の愛好者でつくる「きみまちカヌー倶楽部」の協力を得て手作りカヌーで川を下る体験コースのほか、旧天神小の校舎を活用した「天神工房」でカヌーの製作指導なども行っている。
 午前中から30度を超える「真夏日」となった24日は、同市教委の「放課後子ども教室週末体験活動」が行われ、同市第五小の児童と保護者6組12人が参加した。
 グループは七座神社裏手の米代川の河原から親子一緒に乗り込んで上流にある七座橋までの区間を往復。慣れないながらもカヌースクールのスタッフにエスコートされて、パドルを懸命に操って太陽の光がきらめく水面を切り裂くように進み、途中、川底まで見える水の透明度を確かめたりして、水面から見る景色と川下りを楽しんでいた。
 父親と参加した内田理月君(第五小2年)は「暑かったけどカヌーのスピードが出ると風が気持ち良かった。小さな魚もいっぱいいて楽しかった」と声を弾ませ、大きな川を自由自在に渡る遊びを満喫していた。ゴール地点に帰着後には川岸で川魚を取ったりして遊び、取れる量の多さに驚きながらどんな魚がいるのか確かめ、生き物が豊富な自然環境に触れていた。
 カヌースクールでは、5㌔、10㌔のツーリングコースを体験でき、また道の駅の船着き場エリアでは、少しの空き時間でも体験できる「プチカヌー」も行われ、気軽に楽しめるカヌー体験メニューを提供している。今後も米代川カヌーを体験しようという団体などが予約しており、これからさらに多くの人でにぎわう。

関連記事

老舗酒店「〆二福士商店」 30日で閉店 街見詰め95年

1928年から続く苫小牧市錦町の酒店「〆二(しめに)福士商店」が30日で閉店する。3代目店主の福士徳彦さん(68)が酒販を取り巻く環境の変化や後継者の不在、自身の高齢化などを受けて決断した。街の発...

黄金色の稲 ザクッ 児童と地域住民収穫 幕別・途別小

 幕別途別小学校(佐竹宏子校長、児童18人)で21日、稲刈りが行われた。全校児童が黄金色に実った稲の収穫に汗を流した。  途別地区は十勝で最も早くから稲作が行われていた地域の一つ。地域に水田...

宇部日報社

仕組みや意義を再認識 宇部商高で選挙出前授業【宇部】

 宇部商高(久保田力哉校長)で20日、2、3年生200人を対象とした選挙の出前授業が行われた。実際の投票用紙発券機、記載台、投票箱を使った模擬投票を通じて、選挙の仕組みや投票の意義を再認識した...

荘内日報社

だだちゃ豆「白山」もとに新品種 赤澤さん育種赤澤2号・3号 甘み強く香り良い3..

 元山形大学農学部客員教授(植物育種学)の赤澤經也(つねや)さん(79)=鶴岡市稲生一丁目=が20日、鶴岡特産のだだちゃ豆「白山」をもとに選抜育成した新品種「赤澤2号」と「赤澤3号」を発表した。主力品種...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク