全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

芽室の山本君「歌い切った」 民謡日本一

 小中学生が民謡民舞の腕前を競う「2021年度 民謡民舞少年少女全国大会 民謡日本一決定戦」(日本民謡協会主催)が4日、東京都内で開かれ、山本樹君(12)=芽室上美生小6年=が小学校4・5・6年の部で優勝し、十勝から初めて同大会日本一の称号を手に入れた。山本君は「他にも上手な人がいたので、優勝と聞いたときは実感が持てなかった」と話している。

民謡民舞少年少女全国大会で十勝から初の日本一に輝いた山本君(中央)。同部門で準優勝の五日市さん(右)、中学生の部で準優勝の島田さん(左)

 大会は昨年、コロナ禍で開かれず、今回は2年ぶりかつ無観客での開催となった。小学校1・2・3年生の部に21組、同4・5・6年生の部に30組、中学生の部に30組が出場。4・5・6年生の部以上での優勝者には「日本一」の称号が贈られる。北海道から日本一が出るのは2014年以来、7年ぶり。

 山本君は今回、「道南口説節(どうなんくどきぶし)」で挑戦。こぶしが必要とされる同歌について「本番では何も考えず、歌い切った」と振り返る。

 「歌を磨きたい」との思いから3年前、石黒会(石黒みゆき代表)に入り、同年同大会に出場し、13位だった。「とても悔しい思いをした」と言い、今回はその雪辱を果たした。来年は中学生としての挑戦に燃えるほか、「『津軽よされ節』など持ち歌を増やそうと練習している」と話す。

 同部門では準優勝に同じく十勝美幸会の五日市詩葉さん(12)=帯広豊成小6年=が選ばれた。五日市さんは17年の同大会で3位に入った。今回は優勝を目指していただけに「とても悔しかった」と無念さをにじませる一方、「いつも通り練習してきたことを出し切った」と振り返る。

 中学生の部では、加藤恵理奈さん(帯広)に師事する島田侑歩さん(12)=帯広第二中1年=が準優勝を果たした。島田さんも小学4年時の初挑戦時の14位から大きく順位を上げ、「2位になれてうれしい」と喜び、「緊張で歌が速くなったので、次は完璧に歌い切りたい」と意欲を見せる。

関連記事

紀伊民報社

「子ども食堂に協力を」  持続的運営へ支援団体を新設

 子どもの居場所や多世代交流の拠点となる「子ども食堂」を支援しようと、任意団体「県こども食堂応援ネットワーク」(事務局=和歌山県社会福祉協議会)が設立された。子ども食堂を持続的に運営していけるよ...

「ほべつメロン」最高値15万円 市公設地方卸売市場で初競り

むかわ町穂別地区の特産品で地域ブランド「ほべつメロン」の初競りが13日、苫小牧市公設地方卸売市場で行われた。卸売取引の最高値は、最上級品質「秀」の5玉が前年同額の15万円。この日から苫小牧市内のス...

素材にこだわり カフェ開店 高校生の自習場所にも 池田に複合店舗

 池田町大通6で学習塾や書店、駄菓子店などを経営する「さくらネットワークス合同会社」(片山喜博代表)は、店舗内でカフェ「SORA(そら)」の営業を始めた。素材にこだわったクレープやおにぎり、各種ド...

荘内日報社

バランス取れた食事の大切さ アランマーレ選手ら遊佐小で食育教室

 バレーボールのトップリーグ「大同生命SVリーグ」に所属する「プレステージ・インターナショナル・アランマーレ」(アランマーレ山形)の選手たちが12日、遊佐町の遊佐小学校(梶原勝校長、児童452人)を訪問...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク