全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

ダムの働き 魅力知って (鶴岡市上名川月山ダム見学会) 普段見られない設備に興味津々

 鶴岡市上名川の月山ダムで25、26の両日、見学会が開かれ、県内外のダムファンが堤体内の監査廊(点検用通路)や堤頂部のクレストゲートなど、普段は見られない設備を見学、ダムの働きへの理解を深めた。

LEDで幻想的な世界を演出した月山ダムの監査廊=26日

 ダムを管理する国土交通省月山ダム管理所(田川和義所長)が毎年、「森と湖に親しむ旬間」(7月21―31日)に「月山ダムの集い」の一環で実施している。今回はコロナ禍の密を避け、1回につき10人程度まで、2日間で5回、合わせて約40人が参加した。

 26日午前の回ではダム天端(堤頂部、標高270メートル、ダム高123メートル)から堤体内のエレベーターで102メートル下まで下り、監査廊を通り、洪水調節用大容量放流口「コンジットゲート」、堤頂部中央にある非常用洪水吐き「クレストゲート」などを見学した。

 スタッフから「月山ダムは1981年から2001年まで20年の歳月をかけて建設された」「クレストゲートは100年に一度の洪水を想定した非常用だが、毎年10月1日から5月下旬ごろまで開けて放水する」などの説明を聞いた。監査廊の一部には天井や両壁に多数の青色LEDをともした幻想的な空間もあり、楽しそうに記念撮影した。

 また、ダム下流に取水口がある梵字川発電所も見学し、東北電力職員から「88年前の昭和8(1933)年にできた水力発電所で、出力は3000キロワット。一般世帯約2500戸分を発電する」などの説明を聞いた。

 10年ほど前から全国数百カ所のダムを訪れダムカードを集めているという群馬県渋川市の男性会社員(57)は「月山ダムは6、7回目。監査廊やゲート近くの通路など、他ではあまり行けないところも見せてくれるのが魅力」、地元の男性は「もともとは自然が好き。ダムは人間の技術で自然に対峙し、同時に、調和するように存在している面白さがある」と語った。

 月山ダムの見学は随時受け付けている。問い合わせは同ダム管理所=電0235(54)6711=へ。

クレストゲート付近の通路から、はるか下の堤体下流を臨む見学者=26日

関連記事

長野日報社

幻想的ほおずき提灯 伊那市高遠町ご城下通り

長野県伊那市高遠町の「ご城下通り」沿いに21日、ほおずき提灯が飾り出された。辺りが暗くなると明かりが入り、稲穂を模して笹竹につるした赤い提灯が通りを幻想的に照らした。 22日に宵祭り、23日に本祭...

荘内日報社

“映画の灯”再び 鶴岡まちキネプレ上映会 10月から3カ月週末中心に多彩な作品

 昨年5月に閉館した鶴岡市の旧鶴岡まちなかキネマ(まちキネ)の一部の上映機能を交流スペースとして活用する計画に関し、運営を担う「山王まちづくり」(三浦新社長)が15日、プレ上映会を行うと発表した。10月...

ママチャリ完走目指し 更別「5時間耐久」

 「全日本ママチャリ5時間耐久レース」(実行委員会主催)が5日、更別村の十勝スピードウェイで行われた。自動車レースの舞台となるコースを、39チーム約260人が自転車で完走を目指して駆け抜けた。 ...

荘内日報社

庄内の武家文化と歴史紹介 「藩主の宝・藩士の宝展」始まる (酒井家庄内入部4..

 鶴岡市の致道博物館(酒井忠久館長)で3日、酒井家庄内入部400年記念プレ企画展「藩主の宝・藩士の宝展」が始まり、旧庄内藩酒井家や旧家臣の家に伝わってきた武具や掛け軸、茶道具などを通じ、庄内の武家文化...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク