全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

冬到来に備え除雪車出陣 新千歳で訓練、新型導入し機能強化

雁行(がんこう)態勢で走行する除雪車

 国土交通省新千歳空港事務所は28日、空港内のナイトステイエプロン(夜間駐機場)で除雪車走行訓練を行った。作業員が除雪車の走行手順を確認し、冬の到来に向け気を引き締めて出陣した。

 昨年2月から除雪機能の強化のために導入した凍結防止剤散布車や、今月納車となった新型の高性能除雪車2台を含む、車両11台と作業員約40人が参加。同事務所によると、新型は排雪板が左右どちらにも展開可能となる機能があり、導入で作業効率が高まる。

 参加車両は誘導路に点在する緑地帯を中心に周辺の雪を取り除く「島周り除雪」を確認。その後、滑走路の雪を一方向にかき分けるための「雁行(がんこう)態勢」を組んで走行した。

 沖津俊宗空港長は「きょうは出陣式。春まで長丁場の作業となるが、安全で安定的な空港の運営に向け、活躍してほしい」とあいさつ。除雪作業を行う地崎道路(本社東京)工務部の岩田哲幸所長は「除雪車、凍結防止剤散布車の出動のタイミングを監督職員と協議して作業し、滑走路閉鎖時間をできるだけ短くしていきたい」と話していた。

 新千歳空港の除雪作業は2本の滑走路、誘導路、エプロン、道路の合計約260ヘクタールが対象。昨年同時期より2台多い92台の除雪車両の運用が12月1日からスタートする。作業員は午前5時~午後9時半まで常駐。従事者は190人。

関連記事

釧路新聞社

万一に備えHV車の救助訓練/釧路市消防本部

 いざという時に備え、釧路市消防本部で16日、高電圧バッテリーを搭載したハイブリッド車(HV)の救助活動時の注意点などを学ぶ研修が行われた。ガソリン車、HV車を比較しながら、車両の一部を実際に解...

故郷の歌と踊り楽しむ 在沖白保郷友会が道遊び

 【浦添】在沖白保郷友会(米盛守会長)の「道遊び」が13日、浦添市てだこホール広場で行われ、大勢の郷友とその家族らが故郷の歌や踊りを楽しみながら交流した。  在沖八重山郷友会連合会の半嶺当友会...

長野日報社

消費税率10%に不安と戸惑い 諏訪地方の声

 安倍晋三首相が2019年10月から、消費税率を8%から10%に予定通り引き上げる方針を表明した。消費者からは「生活への影響は大きい」と不安の声が上がる。生活必需品の一部は税率を8%に据え置く...

奥三河の道の駅めぐる「キャノンボール」

道交法守り設定時間に近づけるバイクイベント  新城市と北設楽郡3町村、豊田市内の奥三河にある7つの道の駅を回るバイクのツーリングイベント「オン・タイム・キャノンボール」が21日、新城市八束穂の道の...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク