全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ワイン樽 サウナに 香り充満27日開業 池田

十勝まきばの家の敷地内にお目見えした「サウナ樽」を前に笑顔を見せる林会長

 池田町清見の観光宿泊施設「十勝まきばの家」に27日、ワイン城で十勝ワインの熟成に使われた大樽(だる)を活用した「サウナ樽」がオープンする。25年ほど使われてきた欧州製のオーク樽で、室内に充満したワインの香りを楽しみながらリラックスできる。

 事務所の北東側にサウナ樽3棟を設置。2棟は樽容量8000リットルのフランス製、もう1棟は樽容量7000リットルのイタリア製。いずれも1988(昭和63)年に町が取得し、町産ブドウを使った「山幸」「清見」「清舞」などの熟成用として25年ほど使われてきた。

 1棟の定員は3人で室内には脱衣場とサウナのスペースがある。プロパンガスによるガスストーブで、室温は70~80度。カラマツを使ったベンチに腰掛けてサウナを楽しめる。屋外には五右衛門風呂をモチーフにした樽型の水風呂と休憩スペースを設け、ゆったりとくつろげる。

 まきばの家を指定管理する「大地」(帯広市、林秀康会長)によると、ワイン樽を使った樽型のサウナ施設は国内初。自社と一部業者が5月中旬から作り、総事業費は700万円ほどだった。

 26日午前10時から報道機関に公開され、林会長が「コロナ禍で利用客に癒やしを与えたかった。サウナ愛好者を含めて客層も広がる」と趣旨を説明。安井美裕町長らも見学に駆け付け、「役目を終えた樽がサウナに生まれ変わってうれしい。町の新たな観光資源になれば」と期待を込めた。

 通年開放。サウナ樽のみは利用できず、コテージ宿泊やロッジの休憩に伴い貸し切りで使える。料金など詳細、申し込みは十勝まきばの家(015・572・6000)へ。

ワインの香りが充満する室内でくつろぐ安井町長

関連記事

渡り途中に一休み ベニバト飛来 市内

 国内で見られるハトの仲間で最も小さいベニバトの群れが22日、石垣市内の田んぼで観察された。  ベニバトは、体長約23㌢で八重山に留鳥として生息する国の天然記念物のキンバト(全長25㌢)より小さい...

釧路新聞社

屋内遊戯施設、愛称「わんぱーく」に【根室】

  今冬オープン予定の屋内遊戯施設の愛称が決まった。愛称公募には31点の応募があり、中から北斗小学校3年の高井壮琉(そる)君(8)の「子供たちが『わんぱく』に遊べる『公園』(PARK・パーク)」を...

長野日報社

長野県諏訪市にアサギマダラ飛来の名所を フジバカマの花畑づくり3年

 諏訪市四賀普門寺の白狐公園横の畑にアサギマダラが飛来する花畑をつくる取り組みが行われている。国内外でチョウの採集をしているチョウ愛好家の伊藤春行さん(67)=同市中洲下金子=の呼び掛けで3年前...

荘内日報社

野球好きの女子集まれー!!(酒田ビクトリーガールズ)スポ少で育ち中学でも続..

 酒田地区野球連盟(池田藤悦会長)は、酒田、遊佐両市町の女子中学生を対象にした軟式野球チーム「酒田ビクトリーガールズ」を立ち上げ25日午後、同市の旧酒田工業高グラウンドで初練習を行った。県内の連盟と...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク