全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

地域に笑顔と元気を 赤川花火プレゼンツ2021 8月21日まで連続打ち上げ

 「赤川花火プレゼンツ2021」が23日夜、鶴岡市の赤川河川敷で始まった。今年は8月21日まで30日間連続して花火を打ち上げる。

夏の夜空を焦がした「赤川花火プレゼンツ2021」

 打ち上げ場所は赤川河川敷(23日~7月31日、8月13日~21日)と開墾150年の節目を迎えた羽黒町松ケ岡(8月1日~12日)の2カ所。時間は各日午後7時半から。1日当たり30発(1分~2分間)を打ち上げる。コロナ禍の中で例年通りの大会ではなく、密にならないよう見る側の安全を配慮した。「カウントダウンリレー」として地域の子どもたちや大人が「3、2、1」とカウントダウンをして、それぞれメッセージを届ける。その模様は午後7時25分からユーチューブでライブ配信する。

 初日のこの日は、大会会長で鶴岡青年会議所の五十嵐由浩理事長が「これまでの花火大会とはならないが30日間続けて打ち上げ、少しでも地域の皆さんに笑顔と元気を届けたい」とあいさつ。カウントダウンリレーのトップバッターを務めた鶴岡市の皆川治市長が「オリンピックと同時に勇気と夢を届ける赤川花火もスタートした。コロナ禍が1日も早く収束するよう頑張りましょう」と語った後、打ち上げられた。

 会場には家族連れや三脚を持ったアマチュアカメラマンらが訪れ、夜空に広がる大輪の花を見つめていた。

関連記事

「日本画壇の風雲児」中村正義の画業たどる 生誕100年、豊橋で展示会

 豊橋市向山大池町の「ギャラリーサンセリテ」で企画展「生誕100年 中村正義展―豊橋の正義さん」が開かれている。「日本画壇の風雲児」と呼ばれた作家の画業を豊橋ならではの展示で紹介している。26日まで。...

「がまごおりじなる」潮干狩り

 蒲郡市シティセールス推進協議会は12日、三谷地区の水神海岸で市民対象のイベント「がまごおりじなる潮干狩り大会」を開催した。市制施行70周年記念事業の一環。  協議会は自分たちで蒲郡ならではの...

長野日報社

災害への備え再確認 防災拠点巡るウオーキング JOCA駒ケ根

 JOCA(青年海外協力協会、本部・長野県駒ケ根市)駒ケ根は11日、同市中心部の防災拠点などを巡って、能登半島地震被災地にエールを送るウオーキングイベント「ゴッチャ!ウオーク」を開いた。子どもか...

長野日報社

防災への意識高めて あすウオーキングイベント JOCA駒ケ根

 能登半島地震で被災した住民らを応援するイベント「ゴッチャラリー2024」(生涯活躍のまち推進協議会主催)が11日まで、JOCA(本部・長野県駒ケ根市、青年海外協力協会)の拠点を中心に全国各地で...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク