全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

マンゴー1トン損害か 徳之島 台風で定期船欠航、出荷できず

定期船の欠航で出荷できず冷蔵庫に保管されている贈答用マンゴーと作山組合長=23日、鹿児島県天城町天城

 奄美地方への台風6号接近に伴い、鹿児島県本土と奄美群島、沖縄県を結ぶ定期船の欠航が続いている。今月上旬からマンゴーの出荷が始まった徳之島では18日を最後に定期船の出入港がなく、島外向けの贈答用商品の出荷が滞っている。月末にかけ収穫のピークを迎えるため、生産者は一日も早い出荷の再開を心待ちにしている。

 島内最大のマンゴー生産地、天城町の生産農家で組織する町熱帯果樹生産組合(作山和久組合長、組合員32人)は今年、例年より約10日早い今月7日に出発式を実施。今期は質、量に恵まれ、同組合の収穫分だけで26トンを見込んでいるという。

 マンゴーの出荷は台風の影響で19日からストップ。同日から組合員が箱詰めしたマンゴーを同町天城の組合事務所などの冷蔵庫(保冷庫)に搬入し、23日までに約420キロが保管されている。

 作山組合長は「これから収穫ピークを迎えるため、一日当たりの収穫量は連日増えている。各生産農家が保存しているのは組合で保管している分より多く、今回の出荷停止で約1トンはロスになるだろう。果実が傷んで贈答用として販売できないケースも予想され、売り上げの低下が懸念される」と分析する。

 また、出荷は8月中旬まで続くことから「この時期は台風が多く発生する。出荷が終わるまで定期船が欠航しないよう、台風が接近しないでほしい」と話した。

 船舶各社によると、下り便は24日の鹿児島―沖縄、上り便は26日の沖縄―鹿児島まで欠航が決まっている。

関連記事

マンゴー共和国が建国式 根路銘大統領「たくさん味わって」 島の駅みやこ

宮古島産マンゴーのさらなるブランド化に寄与するためのイベント「マンゴー共和国2024」(主催・同実行委員会)の建国式が14日、島の駅みやこで行われた。宮古島商工会議所の根路銘康文会頭が「大統領」に...

東三河の最先端技術が一堂に「ものづくり博」豊橋で始まる

 地域のものづくりの技術や製品などを一堂に集めた「ものづくり博2024in東三河」が14日、豊橋市総合体育館で始まった。ロボットや人工知能(AI)などの最先端技術を紹介し、試作機などを見て触っ...

北羽新報社

看護の道へ精進誓う 能代市の秋田しらかみ学院で初の「宣誓式」

 能代市落合の秋田しらかみ看護学院(近藤美喜学院長)で14日、宣誓式が行われた。基礎看護学実習を控えた2年生36人(男子1人、女子35人)が、志を共にする仲間たちと支え合いながら学びを深めていくことを...

23年度県産マンゴー豊作 前年比14%増の2041㌧

 【那覇】県農林水産部は14日、県産マンゴーの2023年度実績を発表、県全体で前年比14%増の2041㌧、八重山地区も平年対比で29%増の247㌧と豊作だった。24年産は県全体で12%減を見込む。  23年産が豊作...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク