全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

キリン舎の改修工事始まる【釧路】

コハク専用キリン舎として改築するゾウ舎に資材を運ぶ作業員(20日午前8時30分ごろ)

 釧路市動物園(中村昌克園長)で飼育しているアミメキリンの「コハク」専用キリン舎の改修工事が、今月末から本格的に始まる。使われていないゾウ舎を改築するもので、外構工事を請け負う市内の建設会社が作業現場を覆うための囲いを搬入して設置するなど、工事に向けた準備が進んでいる。

 同動物園のアミメキリンは、コハクのほかに父親の「スカイ」、母親の「コハネ」の3頭を飼育しているが、コハクが大きくなるにつれてコハネとの同居に限界が近づいてきており、新たなキリン舎の整備が課題となっていた。  今回コハク専用舎として整備するゾウ舎の面積は、飼育舎218平方㍍、放飼場360平方㍍の計578平方㍍。飼育舎はゾウの飼育に必要だった設備を撤去するほか、暖房や水回りの整備を行い、寝室とトレーニング室に改修する。

 コハクが歩き回る放飼場は、360平方㍍のうち320平方㍍を改修。敷地内を高さ3㍍の特注フェンスで覆うほか、地面のコンクリートを剥がして滑らないように石粉を敷き詰める。  工期は11月10日までで、7月28日から本格的に作業を開始。園内の動物に可能な限り影響を与えないよう現場は囲いで覆って作業する。天候にもよるが、飼育舎も含めて完成は10月中旬を予定している。

 完成後は早期の〝引っ越し〟を計画しているが、同動物園の鈴木貴博ふれあい主幹は「生活環境が変わってしまうため、すんなり移動してくれるかが不透明」としつつ、「改修によってコハクが安心して住める環境になる。完成後はぜひ見に来てほしい」と話していた。  改修費用の総額は約7000万円を見込んでおり、市は今年4月28日から「クラウドファンディング型ふるさと納税」を通じた協力を呼び掛けている。20日時点で支援者数は387人、寄付額は782万5000円に上った。募集の締め切りは26日。 

関連記事

紀伊民報社

子ども食堂を全小学校区に 今後3年間で目指す

 和歌山県は本年度から3年間で、県内全ての小学校区に「子ども食堂」の設置を目指す。岸本周平知事が知事選で公約に掲げていた施策。「どこにも子供食堂プラン」と位置付け、運営団体への補助費用4千万円を...

宇部日報社

「父の日」にバラを 香川高華道部などが県産品PR【山口】

 18日の「父の日」にバラを贈る習慣を広めようと、県花卉(かき)園芸推進協議会(星井榮仁会長)などは5日、村岡嗣政知事を表敬訪問した。宇部フロンティア大付属香川高華道部(松本莉央部長)の4人も...

穂別地区でサポート交通実証実験 住民有志が運行 むかわ

むかわ町は、穂別地区の住民の買い物や移動を助けるサポート交通の実証実験を行っている。住民有志がボランティアで高齢者らを自家用車に乗せ、目的地まで送迎する。今年度中に地域公共交通計画の策定を目指す町...

荘内日報社

飛島 海洋ごみロボット搬送実験 車入れない遊歩道で活躍 一定の手応え 実装へ..

 5月27日に酒田市飛島の荒崎海岸で行われた「飛島クリーンアップ作戦」の際、合同会社とびしま(同市飛島)、石井製作所(同市京田四丁目)などが開発を進める「海ごみロボット」による搬送実験が行われた。コン...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク