全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

服914枚でアート

集められた服で制作されたスマイルマーク=28日午後、八重山商工高校体育館

 アパレルメーカーのユニクロ(ファーストリテイリング)の社会貢献活動「”届けよう服のチカラ“プロジェクト」に、八重山商工高校商業科観光コース2年生(18人)が3年連続で参加している。活動報告として28日午後、同校体育館に、八島小学校の協力を得て集められた服914枚でアートを制作した。

 プロジエクトは、着けなくなった子ども服を回収し、世界の難民へ服を届けるもの。生徒らは今月中旬、八島小の各クラスでチラシ配布や説明を行い、児童らの協力を求めた。

 アート制作では「世界中の人に笑顔を届けよう」と体育館床に服を円状に敷き詰め、スマイルマークを作った。中心から外にかけて、小さい服から大きい服へとサイズ別に並べられ、服同士の袖と袖を重ね合わせ、手をつないでいるようにみせる工夫も。  サイズ、色合い、デザインも異なり、生徒らは上下別々にコーディネートし、それぞれの感性を形として表現。最後は、生徒全員で目と口の部分に座り、スマイルマークを完成させた。

 中心となって活動した譜久嶺有惟菜さん(16)は「世界の困っている人へ笑顔を届けたいと思い、このデザインにした。八島小へのPR活動では、学年別で理解してもらえるように、伝え方も気をつけた」と話し、「子どもたちが服に込めた思いを、難民の方にも感じてほしい」と期待を込めた。  集められた服は今後、段ボールに詰められ、ユニクロへ発送される。

関連記事

紀伊民報社

巡礼道の写真展 姉妹道提携20周年で

 和歌山県田辺市本宮町の世界遺産熊野本宮館で19日、熊野古道とスペインのサンティアゴ巡礼道の姉妹道提携20周年という記念の年に合わせ、二つの道を愛した写真家として知られるスペインのルイス・オカニ...

厚真などで研究者ら合同調査 胆振東部地震の大規模地滑り現場

 厚真町で最大震度7を観測した胆振東部地震を受け、日本応用地質学会と日本地すべり学会北海道支部は18、19両日、山崩れが多発した同町を中心に合同で現地調査を行った。大規模な地滑りの状況やメカニズ...

ファイターズカフェ開業 球団、道産食材アピール-新千歳空港

 プロ野球北海道日本ハムファイターズは19日、新千歳空港国内線ターミナルビル3階で初の直営カフェレストラン「FIGHTERS DINING ROSTER(ファイターズ・ダイニング・ロスター)」を...

宇部日報社

大内もなたんにグッドデザイン賞

 山口市を代表する伝統漆工芸の大内人形を模した和菓子「大内もなたんシリーズ」が、2018年度グッドデザイン賞(日本デザイン振興会主催)を受賞した。大内もなたんは、下竪小路にある1897年創業の老...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク