全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

楽しみいっぱい夏休みへ 学校終業式、リモートも 奄美群島

児童は各教室にいたままリモートで行われた終業式=20日、鹿児島県奄美市名瀬の名瀬小学校

 鹿児島県奄美群島各地の小中高校で20日、1学期の終業式が行われた。新型コロナウイルスの影響長期化に伴い、式をリモート実施する学校も。子どもたちは学校生活を振り返り、成績通知表で今後の課題を確認。楽しみいっぱいの夏休みへ、期待に胸を膨らませた。

 奄美市名瀬の名瀬小学校(廣司正良校長、児童354人)は、新型コロナ予防のためリモート終業式。各教室の児童たちへ、廣司校長は「健康管理に気を付けて、目標を達成するため努力を続けること。9月1日、元気に会いましょう」と画面越しに伝えた。

 児童代表の2人は「苦手な早寝早起きを頑張って、縄跳びの練習もたくさんしたい」「誕生日に買ってもらった自転車に乗れるようになって、友だちと一緒に走りたい」と夏休みの目標を発表した。

 式後、各教室では、担任から児童一人一人に1学期の成績通知表が手渡された。「苦手なことも諦めませんでした」「クラスをまとめてくれました」。1年生の児童たちは、担任が読み上げる内容に照れながら、学校生活で初めての通知表を受け取った。

関連記事

紀伊民報社

子ども食堂を全小学校区に 今後3年間で目指す

 和歌山県は本年度から3年間で、県内全ての小学校区に「子ども食堂」の設置を目指す。岸本周平知事が知事選で公約に掲げていた施策。「どこにも子供食堂プラン」と位置付け、運営団体への補助費用4千万円を...

宇部日報社

「父の日」にバラを 香川高華道部などが県産品PR【山口】

 18日の「父の日」にバラを贈る習慣を広めようと、県花卉(かき)園芸推進協議会(星井榮仁会長)などは5日、村岡嗣政知事を表敬訪問した。宇部フロンティア大付属香川高華道部(松本莉央部長)の4人も...

穂別地区でサポート交通実証実験 住民有志が運行 むかわ

むかわ町は、穂別地区の住民の買い物や移動を助けるサポート交通の実証実験を行っている。住民有志がボランティアで高齢者らを自家用車に乗せ、目的地まで送迎する。今年度中に地域公共交通計画の策定を目指す町...

荘内日報社

飛島 海洋ごみロボット搬送実験 車入れない遊歩道で活躍 一定の手応え 実装へ..

 5月27日に酒田市飛島の荒崎海岸で行われた「飛島クリーンアップ作戦」の際、合同会社とびしま(同市飛島)、石井製作所(同市京田四丁目)などが開発を進める「海ごみロボット」による搬送実験が行われた。コン...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク