全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

梅の天日干し始まる 夏の風物詩

木製のせいろを使い、塩漬けした梅を丁寧に天日干しする農家(19日、和歌山県田辺市下三栖で)

 日本一の梅産地、和歌山県みなべ町や田辺市で、塩漬けした梅の天日干し作業が始まった。梅雨明けの好天の下、せいろに赤みがかった実が並ぶ光景が見られる。

 農家らは、5月から7月ごろにかけて収穫した梅を1カ月ほど塩漬けした後、天日干し作業を始める。3、4日程度干し、干し上がった「白干し梅」は等階級ごとに選別、たる詰めし、加工業者などに出荷。そこで減塩処理をしたり、調味液を加えたりするなどして製品になる。
 ビニールハウスの中で干す農家も多いが、田辺市の三栖地域では昔ながらに、1畳くらいの木製のせいろに実を並べて屋外で干す光景が見られる。地元農家の那須誠さん(48)も木製のせいろを使って、南高梅の実を干し始めた。
 実の皮を破らないように丁寧にせいろの上に並べ、まんべんなく日が当たるように専用の器具でひっくり返したり、夜露を防ぐために夜間はビニールシートをかぶせたりして、干し上げる。天日干し作業は、盆すぎから9月にかけて終える予定という。
 那須さんは「今年は不作だった昨年の2倍を少し超えるくらいの収量があった。皮もほどよくしっかりして破れずに、干しやすい皮質。これから熱くなってくるので、塩分補給や健康のために皆さんに梅干しを食べていただけるとありがたい」と話した。

関連記事

長野日報社

諏訪6市町村巡る「スワコエイトピークスミドルトライアスロン」23日 ”鉄人..

長野県の諏訪6市町村を巡る「スワコエイトピークスミドルトライアスロン大会2024」は23日、諏訪湖周と八ケ岳山麓を舞台にスイム1・9キロ、バイク66・2キロ、ラン20キロを合わせた計88・1キ...

紀伊民報社

防災用の井戸確保へ ポンプ設置や水質検査に印南町が補助

 和歌山県印南町は防災に役立てる「災害時協力井戸」の登録増加を目指している。民家などにある井戸を、災害時に使用できるようにするためだ。本年度からポンプの設置や水質検査に対して補助する。  災害...

金子さん初の女性旗手 行進堂々「重さかみしめ」 新得消防団

 新得消防団(岩倉弘行団長、団員45人)が1995年に女性消防団員を採用して以来29年目にして、初の女性旗手が誕生した。大役を任された同団予防部の金子恵梨班長(41)=町臨時職員=は「指名されたと...

荘内日報社

優雅な姿 目を引く 24日までしょうない金魚まつり

 庄内町の初夏の風物詩「しょうない金魚まつり2024」が20日から同町の新産業創造館クラッセのイベント広場で始まった。  同まつりは同町特産のブランド金魚「庄内金魚」を町内外に広くPRしようと毎年6月に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク