全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

小麦 一気に黄金 猛暑の収穫 芽室

夕空の下で行われた小麦の収穫作業。猛暑ですっかり黄金色に

 十勝畑作の「エース」とされる秋まき小麦の収穫作業が19日、管内各地でスタートした。ここ数日の猛暑で一気に生育が進み、予定より収穫が早まる傾向に。黄金色の畑の中を大型コンバインが音を立てて移動し、実が詰まった麦穂を次々と刈り取っている。収穫作業は今月末にかけて本格化、8月中旬まで続く。

3~4日早い 「雨降る前に」 芽室・山瀬さん
 9ヘクタールで「きたほなみ」を作付けする芽室町西士狩の山瀬裕嗣さん(38)は、周辺農家の協力を得て、19日午後2時に作業を開始。この日は5ヘクタール分を刈り取った。収穫開始は平年より3~4日早い。

 山瀬さんは、「今年は昨年より水分をもらっている分作柄は良いが、全体的に干ばつ傾向。雨が降る前に作業を終えたい」と話していた。

 十勝は、全道の小麦作付面積の4割を占める一大産地。管内の主要品目に占めるウエートは高く、最初に収穫時期を迎えることから、小麦の良しあしがその年の全体の生産高に直結するとされている。

 今年産は開花期の天候が良好で生育は順調に推移。各農家は「昨年以上の収量を」と期待している。半面、全般的に水分が少なめで、直近の高温傾向で粒が小さくなることが心配されている。

 十勝管内の今年産の作付面積は昨年と同じ約3万6500ヘクタール。十勝総合振興局によると、管内の昨年産の小麦収穫量は前年比7.9%減の23万3000トン。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク