全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

釧路新聞社

ラッコ縫いぐるみでPR【浜中】

愛らしい表情の縫いぐるみを手にする渡邊さん

 認定NPO法人霧多布湿原ナショナルトラスト(小川浩子理事長)は22日、霧多布湿原センターでオリジナルのラッコの縫いぐるみを発売する。湯沸岬(通称・霧多布岬)沖では近年、数頭のラッコの生息が確認され、ラッコ目当ての観光客も増加中。今年3月の厚岸霧多布昆布森国定公園の指定も呼び水に「ラッコが住む自然豊かな浜中」をPRする。     

縫いぐるみは、厚岸町在住で町立茶内保育所に勤務する渡邊千晴さん(58)が製作した。体長は28㌢で約110㌘。型紙はオリジナルで、渡邊さんが一針ずつ手縫いで丁寧に仕上げた。おなかに餌を抱えたおなじみのポーズで、浜中特産のホッキとカニを持っている。

 渡邊さんは、手芸が趣味で30年以上パッチワークを続けている。古布を使った和雑貨や着物をリメークした小物づくりも得意で、周囲でも評判になっていた。小川理事長は今年5月、共通の友人から渡邊さんの話を聞き、縫いぐるみの製作を依頼。写真集などを参考にしながら、型や生地の素材をはじめ「餌を抱える手足のカーブなど通常の縫いぐるみと違う形が難しい」(渡邊さん)と数度の試作を重ね、納得いく出来栄えとなった。

 縫いぐるみは、完全手作りのため1体製作するのに数日かかり、量産は難しいが「子供たちが手にすることを思い浮かべながら作っている。一時のブームに終わらず、何度も浜中を訪れてほしい」と渡邊さん。小川理事長は「環境保全と産業のバランスを保ちながら共生している地域でありたい。ラッコの生態や漁業との関係などにも関心を持ってほしい」と呼び掛けている。  価格は1500円。売り上げの一部は湿原の保全活動に充てる。問い合わせは同センター0153(65)2779へ。

関連記事

長野日報社

赤砂崎公園に土俵完成 荒汐部屋諏訪湖後援会が整備 長野県下諏訪町

 大相撲の荒汐部屋(東京)を支援する諏訪地方の有志でつくる「荒汐部屋諏訪湖後援会」は、長野県下諏訪町で8月に実施予定の同部屋の夏合宿を前に、同町の赤砂崎公園に新しい土俵を整備した。22日に完成し...

チャレンジショップ改装 コンサドーレ札幌所属・中村選手 展示スペース増やす..

むかわ町観光協会は、町松風のチャレンジショップを改装した。サッカーJリーグ1部(J1)、北海道コンサドーレ札幌に所属する同町出身のDF中村桐耶選手(23)の展示コーナーのスペースを増やし、ファンが...

荘内日報社

渚の交番 カモンマーレ10万人 鶴岡 1周年に達成 記念イベント 魚つかみ取り マ..

 鶴岡市加茂で昨年6月にオープンした「渚の交番カモンマーレ」の来館者が22日、10万人に達し、記念のセレモニーが行われた。同日はオープン1周年の記念イベントも開かれ、夏空が広がり目の前の海が青さを増す中...

子どもの夜間・休日診療オンラインで 7月に管内初導入 上士幌

 上士幌町は7月1日、実証実験として、東京の民間医療サービス会社と連携し、小児科の夜間・休日オンライン診療を始める。町によると、管内では初の取り組みで、「子どもを連れて移動する必要がないので、通院...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク