全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

偉人の足跡伝える史料 伊那坂下教会に前島密の謹書

新しい礼拝堂のロビーに掲げられた書額

「日本近代郵便の父」と称され、1円切手の肖像で知られる前島密(まえじまひそか、1835~1919年)が揮毫したとされる書が、南箕輪村沢尻の日本キリスト教団伊那坂下教会にある。聖書の言葉を記した書で、旧教会堂を新築した明治20(1887)年のクリスマス頃に、前島が教会を訪れ、書を残したと伝わる。教会は今春、伊那市坂下宮本町から新築移転。大切に保管されてきた書額は新しい礼拝堂のロビーに掲げられた。

書額は縦100センチ、横190センチ。漢詩のようにつづられているが、書かれているのは聖書の一節で、同教会によると、「いと高き所では神に栄光があるように 地上ではみ心にかなう人々に平和があるように」(ルカによる福音書第2章14節)の部分だという。天使がイエス・キリストの誕生を知らせたときの言葉で、創設から間もない同教会にはふさわしい内容だったと推測している。

額縁には、手に入りにくい太いブドウの木が使われている。教会には、書の寄贈を受けた翌年の1888年、額装費用を工面するために教会に寄付された米を2円5銭で売却した記録が残っており、信ぴょう性は高い。同教会に今春赴任した松田聖一牧師は「おそらく本物だと思う。明治20年にどういういきさつで揮毫していただいたのかは分からないが、今日まで教会の中で大切に保管されてきた」と話す。

教会では書額を公開し、誰でも鑑賞できるようにしている。「上伊那の歴史を伝える史料の一つとして、広く地域の皆さんに紹介したい」と松田牧師。新型コロナが収束したら、歴史上の人物の伊那での足跡として、子どもたちにも見せていこうと考えている。問い合わせは同教会(電話0265・78・3218)へ。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク