全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

萩焼作家の大和さんが壁画「昇陽-山河映照」を県立大に

作品の前で感謝状を受け取る大和さん(右、県立大で)

 山口市宮野の萩焼作家で県立大特別栄誉教授の大和保男さん(87)が創立80周年を迎えた同大に寄贈した萩焼陶板壁画「昇陽-山河映照」の除幕式が16日、北キャンパス講堂の桜圃会館で行われた。陶板のピースを組み合わせた7・2×2・4メートルの大作は、雄大な自然や宇宙の神秘をテーマにしており、地域との融合による共創を掲げる同大の象徴として広く公開していく。

 2013年に県立萩美術館で開いた「大和保男の陶芸~魂(アニマ)の造形展」で発表した作品で、構想から完成までに10年を費やした。さまざまな形をした694個の陶板を組み合わせているのが特徴。大和さんは「何百個のパーツを組み立てる精神性表現は、自身の純粋美術に対するシンボルでもある」と語っている。

 大和さん、村岡嗣政知事、柳居俊学県議会議長、前川剛志理事長、加登田惠子学長が除幕すると、大作が姿を現した。

 前川理事長から感謝状を受け取った大和さんは「究極の大作。太陽が山の端から出て輝き、彩りのある景観に沈んでいく美しい現象を表現した。新キャンパスがあるこの地は、かつて自分の遊び場であり、大学の建設構想を機に、作品を同化させたいと考えるようになった。美しく格調ある空間に設置してもらい、喜びと感動でいっぱい」と語った。

 大和さんは同大大学院国際文化学研究科を修了。08年に特別栄誉教授に就任した。

関連記事

紀伊民報社

地蔵の顔欠け「かわいそう」 「百間ぐら」で風化か

 世界遺産「紀伊山地の霊場と参詣道」に登録されている熊野古道「小雲取越」の途中にある和歌山県田辺市本宮町の名所「百間ぐら」で、道沿いにある地蔵の顔が欠けた状態になっている。風化によるとみられるが...

小中学校 「ふっこう応援給食の日」 能登牛カレーに舌鼓  白老

白老町の小中学校で11日、石川県のブランド牛「能登牛」を使ったビーフカレーが給食に提供された。白老牛銘柄推進協議会(岩崎考真会長)が能登半島地震の被災地支援のため購入した牛肉。町教育委員会(しらお...

忠類から詐欺撲滅! ボランティア団体「どんとこいの会」結成

 幕別町忠類で、地元建設会社とシニアクラブが詐欺撲滅を目指すボランティア団体「詐欺撲滅団 忠類どんとこいの会」を結成した。帯広署管内でSNS詐欺防止のボランティア団体がつくられるのは初めて。同署忠...

荘内日報社

“郵便のお仕事”興味津々 松原保育園児が鶴岡郵便局訪問

 鶴岡市宝町の市立松原保育園(齋藤功園長、園児115人)の園児たちが11日、同市山王町の鶴岡郵便局(藤井泰局長)を訪問し、仕分けや押印など郵便業務を見学した。  園児たちが大好きな郵便配達をテーマにし...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク