全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

酒田中心市街地の象徴 71年に及ぶ歴史に幕 (マリーン5清水屋) 閉店に市民ら詰め掛け涙の別れ

 酒田市中町二丁目の老舗デパート「マリーン5清水屋」が15日、前身の清水屋デパートから71年に及んだその歴史に幕を下ろした。中心市街地の象徴・ランドマークとしてそびえ、市民に親しまれてきた清水屋。午後6時の閉店時には大勢の市民らが1階エントランスホールに詰め掛け、「ありがとう」「さようなら」という歓声が響き渡り、中には涙ぐむ人の姿も見られた。

清水屋の最後を見届けるため午後6時の閉店時には大勢の市民らが詰め掛けた=15日午後6時10分ごろ

 清水屋は、1925(大正14)年創業の衣料品店が起こりで、50(昭和25)年に清水屋デパートとして開店。市中心部が焦土と化した酒田大火(1976年)から2年後の78(同53)年、中町二丁目に大火復興事業で完成した酒田セントラルビル(マリーン5)のキーテナントとして入居した。

 94(平成6)年、東北地方で百貨店事業を展開していた中合(福島市)と合併し中合清水屋店となったが、中合は2012(同24)年2月に営業を終了。同社と事業部分譲渡契約を結んだマリーン5清水屋は同年3月にリニューアルオープン、酒田セントラルビル社長だった故成澤五一氏(今年5月23日に死去)が社長に就任した。

 社長就任に当たって成澤氏は「百貨店の原点に立ち返り、百貨店の原理を追求することにより『新しい百貨店』を構築したい」と述べるなど意欲的に店舗運営を進めてきたが、郊外型ショッピングモールとの競合が激化して業績不振に陥り、さらに小売業界を取り巻く環境が年々厳しさを増し、損失を計上するなど近年は赤字体質が続いた。

 昨年来の新型コロナウイルス感染症が追い打ちをかけた形となり、成澤氏の死去後は取締役会を数回開き、新たな経営体制と今後の経営の在り方を検討。負債を抱えている上、資金繰りなどで先行きが見通せないことから、経営再建を断念した。帝国データバンク山形支店によると、負債は9億5000万円に上り今後、自己破産を申請するという。

 営業最終日の15日は午前10時半の開店と同時に、別れを惜しむかのように大勢の市民らが訪れ、店内を回って従業員と会話しながら品定め。店外では「記念に」と写真に収める姿も多く見られた。午後6時の閉店時には従業員が正面玄関前に立ち並んで見送り。セレモニーなどはなく、最後の買い物客が店外に出ると、静かに扉が閉められた。同7時すぎにエントランスホール内にパーテーションが立てられ、さらに営業終了を知らせる張り紙が店頭に掲示された。

 常に中心市街地の中核を担ってきた清水屋の閉店に、店外で写真を撮っていた女性客は「長年にわたってお世話になった。なくなるのは本当に寂しい」と。最後の買い物を終えた女性客も「生まれた時から常に清水屋がそばにあった。なくなったという実感がまだ湧いてこない。市街地の活気がさらに失われるようだ」と話した。

最後の営業を終え、深々と頭を下げる従業員たち=15日午後6時20分ごろ

関連記事

釧路新聞社

一面紫のじゅうたん アヤメ見頃【厚岸】

 【厚岸】厚岸霧多布昆布森国定公園内にある「あやめケ原」(町末(ま)広(びろ))で22日、第65回あっけしあやめまつり(厚岸観光協会、町主催)が始まった。敷地面積約100㌶にヒオウギアヤメ約3...

長野日報社

赤砂崎公園に土俵完成 荒汐部屋諏訪湖後援会が整備 長野県下諏訪町

 大相撲の荒汐部屋(東京)を支援する諏訪地方の有志でつくる「荒汐部屋諏訪湖後援会」は、長野県下諏訪町で8月に実施予定の同部屋の夏合宿を前に、同町の赤砂崎公園に新しい土俵を整備した。22日に完成し...

チャレンジショップ改装 コンサドーレ札幌所属・中村選手 展示スペース増やす..

むかわ町観光協会は、町松風のチャレンジショップを改装した。サッカーJリーグ1部(J1)、北海道コンサドーレ札幌に所属する同町出身のDF中村桐耶選手(23)の展示コーナーのスペースを増やし、ファンが...

荘内日報社

渚の交番 カモンマーレ10万人 鶴岡 1周年に達成 記念イベント 魚つかみ取り マ..

 鶴岡市加茂で昨年6月にオープンした「渚の交番カモンマーレ」の来館者が22日、10万人に達し、記念のセレモニーが行われた。同日はオープン1周年の記念イベントも開かれ、夏空が広がり目の前の海が青さを増す中...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク