全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

3年ぶり2度目 全国小学生倉敷王将戦出場 白老萩野小6年 志摩 隆平君

日本将棋連盟苫小牧支部(中條範広支部長)所属の白老萩野小6年志摩隆平君(12)が、来年1月に岡山県倉敷市で開かれる「第20回全国小学生倉敷王将戦」に出場する。実力者ぞろいの北海道大会で優勝し、本道代表として出場権を獲得。志摩君は「来年は中学生になるので最後の出場チャンス。目標は優勝」と意気込んでいる。

 倉敷王将戦出場は3年ぶり2回目。昨年の全道大会も優勝したが、新型コロナウイルス感染拡大の影響で中止となって涙をのんだ。小3だった前回の結果は準優勝だった。

 倉敷王将戦は、同連盟会長(1977~88年)だった倉敷市出身棋士の大山康晴(23~92年)十五世名人を顕彰する目的で開かれている大会。同連盟や倉敷市、市文化振興財団などが主催している。

 志摩君は6月27日、札幌市内で開かれた18人が出場した全道大会高学年の部で5戦全勝を果たし、優勝した。全国優勝を決める本戦は来年1月9日に予定されている。

 6歳の時、挟み将棋で遊んだことをきっかけに祖父や父と対局するようになったという志摩君は、積極的に攻める戦術が得意だ。月2回ペースで同支部の教室に参加。同連盟の行事や研修会に積極的に参加し、腕を磨いてきた。

 自宅でも毎日2時間ほど棋譜を読んだり、ネット将棋などに励む。「全国大会までは毎日、過去の名人が打った棋譜を盤に並べたりして、いろんな戦術を勉強したい」と意気軒高。全道大会優勝は「小学生として出場できる最後の大会だけに緊張したけど、優勝できてうれしかった」と振り返る。

 中條支部長(45)は志摩君を「非常に真面目で熱心。将棋への強い思いが日々、彼を強くしている」と評価。「昨年は大会が中止となり、悔しい思いをした。全国の場で実力を最大限発揮してほしい」とエールを送る。

関連記事

紀伊民報社

返礼品に「一日駅長」 車内放送も体験 すさみ町

 和歌山県のすさみ町とJR西日本、日本旅行は14日、すさみ町のふるさと納税の返礼品として、町内にある周参見駅での「一日駅長体験」を共同企画したと発表した。3人限定で、寄付額は50万円と設定。「リ...

全国温泉サミットin虎杖浜 魅力発信 知名度向上へ 来月7日から 白老

白老町の虎杖浜温泉ホテル駐車場を会場に7月7日から3日間開催される「全国温泉サミットin虎杖浜温泉」(日本源泉かけ流し温泉協会主催)まで、1カ月を切った。同協会に加盟する温泉、浴場関係者が全国から...

ヨーカドーと思い出づくり 帯広店で地域挙げ稲田まつり

 今月末で閉店するイトーヨーカドー帯広店の駐車場で15日、「稲田まつり」が開かれた。キッチンカーや縁日が並び、来場者は楽しい思い出とともにヨーカドーの姿を目に焼き付けた。  地域住民らでつく...

荘内日報社

漁火照らす港でゆったり 酒田 能登被災者応援イベント

 今年元日の能登半島地震で被災した石川県内の漁業者支援を目的にしたチャリティーイベント「第1回酒田港漁火(いさりび)まつり」が14日夕、酒田市の酒田港東ふ頭交流施設「SAKATANTO(サカタント)」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク