全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

真新しい切子灯籠涼風に揺れ 旧風間家住宅 「丙申堂」

 新暦のお盆入りの13日、鶴岡市馬場町の国指定重要文化財・旧風間家住宅「丙申堂」の仏壇前に、お盆用の真新しい切子灯籠(きりこどうろう)がつり下げられた。100年以上前の物とされ、長く使用してきた灯籠を保存するため今回、市内の職人たちの手で全く同じ意匠のレプリカが作られたもの。和紙に細かな切子を施した灯籠は歴史的建造物の中で、白熱電球の淡い光を放ち、外からの風に緩やかに揺れ、古くからの商家のお盆の風習を伝えている。切子灯籠は8月のお盆まで一般公開される。

丙申堂の仏前に飾られた真新しい切子灯籠

100年以上前から伝わるという元の切子灯籠の灯袋部分。今後は大切に保存される

 「私が嫁いでくるずっと以前から、7月のお盆に飾られていたようです」。風間家の風間富士子さん(80)は、昨夏まで飾ってきた古い灯籠について話す。白と黒を基調に、灯袋部分は上から見ると細い木や竹ひごで星形に組んであり、直径約60㌢、高さ約80㌢の大きさ。外側全体を2枚重ねの和紙で覆い、表面の1枚に「丸に二重亀甲、中に花菱」の風間家の家紋や細かな文様の切子が施され、四方の角には絹の白い造花が付いている。灯袋の下には家紋やひょうたんなどの透かし文様がある長さ約90㌢の白い幡(はた)が下げられ、全体の高さ約170㌢の大型の灯籠。

 風間家先代で鶴岡商工会議所会頭などを務めた眞一さんが2010年に亡くなり10年となった昨年、富士子さんは色がくすむなどした灯籠を、今後は大切に保存し後世に残したいと知人に相談。市内の表具店や指物師、丙申堂を管理する公益財団法人克念社の職員らが協力し、7月のお盆に合わせて灯袋部分のレプリカを作製した。幡は従前の物を下げた。

 新暦のお盆の入りの13日に飾り、盆礼に訪れた人々は「素晴らしい、きれいな切子灯籠」と感心しながら見入っていた。江戸幕末に「鶴岡一の豪商」とうたわれた風間家の祖先は越後の国(新潟県)で、切子灯籠を飾る風習は祖先の地から受け継がれたものかもしれないという。丙申堂の障子を開け放し、庭から入る涼しい風が静かに切子灯籠を揺らす中、富士子さんは「皆さんの協力で美しい切子灯籠に仕上がった。繊細で優しい明かりが、お盆を迎えた心を穏やかにしてくれます」と話した。

関連記事

紀伊民報社

返礼品に「一日駅長」 車内放送も体験 すさみ町

 和歌山県のすさみ町とJR西日本、日本旅行は14日、すさみ町のふるさと納税の返礼品として、町内にある周参見駅での「一日駅長体験」を共同企画したと発表した。3人限定で、寄付額は50万円と設定。「リ...

全国温泉サミットin虎杖浜 魅力発信 知名度向上へ 来月7日から 白老

白老町の虎杖浜温泉ホテル駐車場を会場に7月7日から3日間開催される「全国温泉サミットin虎杖浜温泉」(日本源泉かけ流し温泉協会主催)まで、1カ月を切った。同協会に加盟する温泉、浴場関係者が全国から...

ヨーカドーと思い出づくり 帯広店で地域挙げ稲田まつり

 今月末で閉店するイトーヨーカドー帯広店の駐車場で15日、「稲田まつり」が開かれた。キッチンカーや縁日が並び、来場者は楽しい思い出とともにヨーカドーの姿を目に焼き付けた。  地域住民らでつく...

荘内日報社

漁火照らす港でゆったり 酒田 能登被災者応援イベント

 今年元日の能登半島地震で被災した石川県内の漁業者支援を目的にしたチャリティーイベント「第1回酒田港漁火(いさりび)まつり」が14日夕、酒田市の酒田港東ふ頭交流施設「SAKATANTO(サカタント)」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク