全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

梅干しで熱中症対策 うめ振興協が呼び掛け

田辺消防署の孫本聖也さん(右)から梅干しを受け取る和歌山森林管理署の木原尚典さん=和歌山県田辺市新庄町で

 和歌山県田辺市とJA紀南でつくる「紀州田辺うめ振興協議会」は、夏場の熱中症対策や夏バテ予防として地元特産の梅干しを積極的に食べてほしいと呼び掛けている。市消防本部が市内各地で開いている救命講習では、梅干しと梅料理のレシピなどの配布を続けている。

 熱中症は、日射病や熱射病の総称で、高温下での運動や労働のため発汗機構や循環系に異常を来して起こる病気。体温上昇、発汗停止とともに虚脱、けいれん、精神錯乱、昏睡(こんすい)などを起こし、生命の危険を伴うこともあるが、適切な予防、対処で防ぐことができる。
 協議会によると、水と梅干しを摂取することで、発汗で失われた水分と塩分を補給できるだけでなく、クエン酸による疲労回復の効果もあるという。
 協議会は2012年から毎年この時季、市消防本部が開く救命講習で梅干しなどを配布している。今年は約20カ所(約420人)での配布を予定している。
 同市新庄町の和歌山森林管理署でこのほどあった救命講習会では、田辺消防署員3人が職員約30人を前に熱中症予防などについて説明。「体調管理、水分管理をしっかりして、十分に睡眠を取ってほしい」などと呼び掛け、梅干しを手渡した。
 市消防本部によると今年、管内で熱中症とみられる症状で搬送したのは13日現在で8件。内訳は5月1件、6月5件、7月2件となっている。

関連記事

紀伊民報社

返礼品に「一日駅長」 車内放送も体験 すさみ町

 和歌山県のすさみ町とJR西日本、日本旅行は14日、すさみ町のふるさと納税の返礼品として、町内にある周参見駅での「一日駅長体験」を共同企画したと発表した。3人限定で、寄付額は50万円と設定。「リ...

全国温泉サミットin虎杖浜 魅力発信 知名度向上へ 来月7日から 白老

白老町の虎杖浜温泉ホテル駐車場を会場に7月7日から3日間開催される「全国温泉サミットin虎杖浜温泉」(日本源泉かけ流し温泉協会主催)まで、1カ月を切った。同協会に加盟する温泉、浴場関係者が全国から...

ヨーカドーと思い出づくり 帯広店で地域挙げ稲田まつり

 今月末で閉店するイトーヨーカドー帯広店の駐車場で15日、「稲田まつり」が開かれた。キッチンカーや縁日が並び、来場者は楽しい思い出とともにヨーカドーの姿を目に焼き付けた。  地域住民らでつく...

荘内日報社

漁火照らす港でゆったり 酒田 能登被災者応援イベント

 今年元日の能登半島地震で被災した石川県内の漁業者支援を目的にしたチャリティーイベント「第1回酒田港漁火(いさりび)まつり」が14日夕、酒田市の酒田港東ふ頭交流施設「SAKATANTO(サカタント)」...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク