全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

17日、開業1周年イベント 宇梶剛士さんらのトークショーや古式舞踊

アイヌ民族文化財団(札幌)は白老町の民族共生象徴空間(ウポポイ)で17日、開業1周年記念イベントを催す。俳優宇梶剛士さんらのトークショーやアイヌ古式舞踊の披露といったプログラムを用意する。また、関連として16~18日、「松浦武四郎inウポポイ」(三重県松阪市主催)と題したイベントも展開する。

ウポポイ1周年記念イベントをPRする印刷物

 アイヌ文化復興・発信の拠点として昨年7月12日に開業し、1年を迎えたウポポイの節目を祝う企画。当日午前は関係者による式典を行うほか、屋外のチキサニ広場と体験交流ホールで午後に、帯広市と浦河町の伝統舞踊の保存会メンバーによるアイヌ古式舞踊を公開する。

 体験交流ホールでは午後2時半から、ウポポイPRアンバダサーの俳優宇梶剛士さんと、ウポポイ公式キャラクター「トゥレッポん」の制作を手掛けた絵本作家そらさんのトークショーを計画。同ホールの近くでウポポイの歩みを伝えるパネル展や記念グッズの配布も予定している。また、テナントの飲食店で1周年記念の特別メニューを提供する。

 関連行事の「松浦武四郎inウポポイ」では17、18日、アイヌ民族と交流を深めた幕末の探検家松浦武四郎に関する講座(国立アイヌ民族博物館)、武四郎の出身地・松阪市の特産品「松阪もめん」を使用したアイヌ文様刺しゅう体験(体験学習館)を企画。16~18日には体験学習館別館で「武四郎とふるさと松阪のパネル展」を催し、同市特産の松阪茶や箸を来場者にプレゼント(数量限定)する。イベントの詳細はウポポイのホームページ(HP)に掲載している。

 一方、白老町も「しらおいポロトミンタラフェスティバル2021」と題したウポポイ開業1周年記念の特別イベントを17、18日、白老駅北のポロトミンタラで開催する。

 両日とも午後0時半からアイヌ伝統料理オハウ(汁物)を各日100食限定で無料提供(午前11時から整理券配布)する。また、アイヌ民族の伝統的食材を使用した弁当、アイヌ工芸品などを販売。新鮮野菜や花苗・鉢花の販売コーナーも設ける。

 この他、17日午後1時半からアイヌ古式舞踊の披露や伝統楽器ムックリ(口琴)の演奏も予定している。

 開催時間は両日とも午前11時~午後3時。詳細は町のHPで紹介している。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク