全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

身入り良し 八峰町で夏の味覚 岩ガキ漁盛ん

荷さばき所で岩ガキの殻に付いた海藻などを取り除く漁業者(八森漁港で)

 八峰町の県漁協北部支所管内で、夏の風物詩の岩ガキ漁が行われている。同町八森字横間の八森漁港では、岩ガキが山のように積み上がり、漁を終えた漁業者が選別などの作業に取り組んでおり、港町に夏の到来を告げている。

 岩ガキ漁は、底引き網漁が休漁となる漁業者にとって夏季の収入源。アワビ漁とともに今月1日に解禁し、漁期は8月25日まで。今季は7組の漁業者が同支所から許可を得て漁を行っている。
 夏空が広がった14日は、漁業者が早朝から船を繰り出した。素潜りで4㍍ほど潜り、消波ブロックや岩盤のカキを取り、午前中のうちに帰港。八森漁港の荷さばき所では、岩ガキを山積みにして、1個ずつ手に取って殻に付着した貝や海藻をハンマーで取り除いたり、サイズをそろえたりしながら箱詰めする作業に汗を流していた。
 岩ガキが大きくなるには5~8年かかるとされ、資源保護のため、1日当たりの漁獲量を決めて漁を行っている。
 同町八森の50代の漁業者は「今年はカキの身入りが良い。コロナの影響を心配していたが、今のところは昨年並みの価格となっていてほっとしている。天候や海の状態で今季はまだ3回しか漁に出られていないが、今後に期待したい」と話し、順調な漁が続くよう願った。
 昨年から続く新型コロナウイルス感染拡大の影響による漁価低迷で漁業は厳しい状況が続いているが、同支所によると、今季の岩ガキの浜値は昨年並みの400円前後を維持。同支所では「12日に東京都に再び緊急事態宣言が出された影響がなければいいが。今後の推移を見守りたい」としている。
 能代山本の飲食店や宿泊施設では、水揚げ状況に合わせて夏の到来を告げる地場の岩ガキが消費者に提供される。

関連記事

紀伊民報社

幸福の黄色いカエル 和歌山県立自然博物館で展示

 和歌山県田辺市の大塔地域で、黄色いカエルが見つかった。通常は緑色をしたシュレーゲルアオガエル(アオガエル科)の色彩変異個体。展示を始めた県立自然博物館(海南市船尾)によると、目立つために捕食者...

ご当地グルメに舌鼓 「大北海道うまいもの市」盛況 苫小牧

苫小牧市表町のグランドホテルニュー王子1階旧レストランハルニレで22日、物産展「大北海道うまいもの市」が始まった。稚内や旭川、釧路、函館など全道各地の特産品やご当地グルメなど約150品目が並び、買...

黒ニンニク ペーストに 熟成で甘く、臭いも軽減 JA十勝清水町

 JA十勝清水町(氷見隆雄組合長)は、清水産ニンニクを原料にした新商品「十勝熟成黒にんにくペースト」(1300円、瓶詰め100グラム)を開発した。サツドラ十勝清水店内の同JAアンテナショップではす...

荘内日報社

郷土食を気軽に“見える化” 「笹巻」まちなか店舗提供テスト事業 鶴岡商議所

 鶴岡商工会議所は、郷土食の提供店の〝見える化〟や、市街地で郷土食が気軽に食べられる仕組みづくりの構築に向けたテスト事業として、市内の飲食店で笹巻の提供を期間限定で行っている。実施店の反応や消費者...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク