全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

プレミアム付き商品券すでに8割超購入 「買い物機会増えた」 冊数制限に不満も

新型コロナウイルスに伴う経済対策で、苫小牧市が発行したプレミアム(割り増し)付き商品券は、6月22日の販売開始から20日足らずで8割超が購入を済ませた。取扱店は1331店に上り、利用者は「買い物の機会が増えた」と歓迎する一方、販売冊数の制限には不満の声も聞かれた。

第2弾も好評なプレミアム付き商品券と取扱店

 商品券は、取扱店全店で使える割増率20%の一般商品券(500円券12枚)と、利用先を市内の飲食店と地元店に限った同60%の応援チケット「とまチケ」(同16枚)の2種類。1冊5000円で購入を申請した世帯主に、すでに引換券が送られている。

 9日時点で一般商品券が8万3716冊、とまチケが8万3016冊販売され、販売率は共に8割を超えた。販売開始と同時に利用もでき、取扱店の換金状況(同日時点)は一般商品券6785万1500円、とまチケ5245万5500円の計1億2030万7000円(換金率8・37%)。

 市内表町のカフェ・ヴァンカムの山口勝店主は「お客の約1割が商品券を使っており、家族連れが増えた」と明かす。同店を訪れた三光町の高柳麻衣女さん(35)は「普段、足を運ばない店も商品券を使えるなら行ってみようと思う」と語り、一緒に食事をしていた見山町の藤田麻井さん(36)も「使えるコンビニがあるのも便利だ」と喜ぶ。一方、2人とも「希望を下回る冊数しか買えなかった」と残念がる。

 木場町の商業施設MEGAドン・キホーテ苫小牧店の村上義和店長は「7月から、ぐっと利用枚数が伸びた。『使えるから来店した』とのお客さまの声も多く、もっとたくさん商品券を発行してほしい」と期待する。

 同商品券の発行は2020年9月~21年2月(利用期間)に続く第2弾。発行各10万冊をそれぞれ約5万冊も上回る申請があり、当初は1人各2冊としていた購入上限を世帯人数に応じて制限した。販売期間は今月30日まで。利用期間は来年1月23日まで。取扱店1331店のうち、とまチケが使えるのは1052店。

関連記事

ニューヨークで奄美をPR NY奄美会、ジャパンパレードに出演

 米ニューヨーク・マンハッタンで11日、日米友好イベント「ジャパンパレード」が開かれ、鹿児島県の奄美群島出身者らでつくるニューヨーク奄美会(栄秀吉会長)が奄美代表として出演した。同会メンバーや奄...

長野日報社

入笠山に夏シーズン 開山祭、山頂「最高の景色」 長野県

 長野県富士見町と伊那市にまたがる入笠山(1955メートル)の開山祭が18日、御所平峠近くの登山口で行われた。両市町の関係者約100人が出席。神事の後、諏訪市を拠点に活動する諏訪アルプホルンクラ...

北羽新報社

花嫁行列あでやか、見物客を魅了 能代市の日吉神社「嫁見まつり」

 能代市御指南町の日吉神社(平賀優子宮司)の伝統行事「嫁見まつり」は18日に行われた。県内外から参加した女性4人が色打ち掛けを羽織って新緑に包まれた参道を静々と歩き、見物客を魅了した。境内では飲食...

豊川出身・深谷選手が7人制サッカー日本代表に

 豊川市出身の元Jリーガー深谷圭佑選手(25)が、今月末からメキシコで開催される7人制サッカーの「キングス・ワールドカップ」の日本代表に選ばれた。渡航前に東愛知新聞社を訪れ、堀内一孝社長に「東三河地...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク