全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

水面に漂うサガリバナ 神秘の森に幻想空間 西表島

水面に浮き下流へ流れるサガリバナの花。西表島の夏の風物詩=9日午前、仲良川

 【西表】夜に咲き朝には散ってしまうことから〝幻の一夜花〟とも呼ばれるサガリバナ(別名・さわふじ)が西表島の河川で幻想的な空間を作りだしている。早朝、マングローブで覆われた川をカヌーで上ると「ポトッ」「ポトリ」と花が着水する音が聞こえる。柔らかな陽が差し込む水面に無数の花が浮遊し、見る者を魅了する。

 9日、大潮に合わせて島の西側に位置する仲良川の上流へカヌーで向かった。薄明かりのなか、夜明けを告げるアカショウビンやサンコウチョウが協奏曲のように鳴き声を奏でる。

 支流の奥に進むと独特の甘い香りが漂う。川沿いに自生するサガリバナの群落がツアー客を出迎えてくれた。水面ぎりぎりまで垂れ下がった長さ60㌢ほどの総状花序。周囲が明るくなるにつれて白や淡い桃色の花がくっきりと浮かび上がる。

 「ポトッ」。はっきりと聞こえる着水音。時間は満潮から干潮に変わり、汽水の上を浮かぶ花が下流へ次々と流れていく様は天の川を連想させる。

 サガリバナの花言葉は「幸福が訪れる」。息をのむほど美しい光景は6月から7月にかけ数週間しか見ることができない。

関連記事

長野日報社

広がる薄紅色 井戸尻史跡公園で赤ソバの花見頃 長野県富士見町

長野県富士見町池袋の井戸尻史跡公園で、赤ソバ「高嶺ルビー」の花が見頃を迎えている。復元住居や水車小屋を背景に薄紅色の小さな花が広がる光景を、訪れた人たちが楽しんでいる。 同公園では、春から初...

一般開放 容認できない 石垣駐屯地に申し入れ 市民連絡会

 陸上自衛隊石垣駐屯地で7日開催予定の「石垣駐屯地やいまDAY(一般開放)」に対して、石垣島の平和と自然を守る市民連絡会(共同代表・上原秀政、白玉敬子、波照間忠)は2日午後、駐屯地正門の前で、展...

釧路新聞社

釧公大で「100円朝食」 期間限定、多くの学生が列【釧路市】

 公立大学法人釧路公立大学(名塚昭理事長)は2日、学生に低価格で朝食を提供する「100円朝食」を期間限定で始め、多くの学生がボリューム満点の朝食を求めて列をつくった。  この取り組みは、学生の規...

釧路新聞社

オンデマンドタクシー実証実験 市民の新たな移動手段に【根室】

 免許返納者や交通不便地域に居住する市民の新たな移動手段として「AIオンデマンドタクシー(予約運行型乗合タクシー)」の実証実験が2日スタートした。JR根室駅を中心に、半径2㌔圏内に設けた215カ所...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク