全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

白神米食べて強い体を 能代市とJA、科技高バスケ部に恒例の寄贈

能代市とJAあきた白神が能代科技高バスケ部にコメを寄贈(同校体育館で)

 能代市とJAあきた白神は8日、能代科学技術高バスケットボール部に、あきたこまちの「JAあきた白神米」の玄米を寄贈した。全国制覇58回を誇った能代工時代から続く贈呈。部員54人のうち寮生と下宿生計44人に1年分の消費量として1人1俵(60㌔)ずつ贈り、今後の活躍に期待した。
 市のバスケの街づくり事業の一環で、平成24年度から能代工バスケ部を対象に実施。能代工と能代西の学校統合後も引き続き行われた。贈呈式は能代科技高体育館で開かれ、斉藤市長と同JAの佐藤謙悦組合長が荒川正明校長と寮長の大野耀斗君(3年)に米袋を手渡した。
 能代科技は学校統合後初の全国大会となる全国高校総体(インターハイ、24~30日・新潟県長岡市)を控える。斉藤市長は「能代工のバスケの全国に轟く名声、われわれの誇りは校名が変わっても変わらない。力いっぱい努力し、59回目の全国制覇を目指してほしい」、佐藤組合長は「粘りのあるおいしいコメを食べて、強い体をつくってほしい」と激励した。
 荒川校長は「日本一おいしいあきたこまちを食べて体をつくり、この恩に報いたい」、大野君は「頂いたあきた白神米をたくさん食べて、全国で負けない体をつくりたい」と話した。
 今後、寮生16人、下宿生28人に複数回に分けてコメを届ける。
 また、市がふるさと納税寄付金を活用して集めた200万円の贈呈も行われ、同部後援会の渡邊正彦会長が斉藤市長から目録を受け取った。

関連記事

マヂラブ・村上さんが新城市観光大使第1号に

 新城市は16日、市観光大使の第1号に、お笑いコンビ「マヂカルラブリー」の村上さん(39)を委嘱した。長篠出身で高校まで市内に住んでいた。  村上さんは市立鳳来中学、県立新城東高校(現新城有教...

キガシラセキレイ飛来 石垣

 キガシラセキレイが市内のほ場に渡来した。  体長16・5~18㌢の野鳥で、ロシア中西部やモンゴルなどにかけて繁殖し、冬季は中国南部やインドシナなどへ渡る。日本では旅鳥として少数が渡来し、農耕地や...

北羽新報社

高齢者施設の浴室に雄大な富士の絵 秋田公立美大生の池端さん制作

 秋田公立美術大4年でグラフィックデザインなどを学ぶ能代市西赤沼の池端咲紀さん(22)が、富士山をテーマにしたデジタル絵画2枚を制作し、同市落合の介護付き有料老人ホーム「サンビレッジ清風のしろ」...

釧路新聞社

大和証券G子会社 釧路のパプリカ会社に出資【釧路市】

  大和証券グループ(本社・東京)の100%子会社、大和フード&アグリ(DFA、本社・同)は、北海道サラダパプリカ(HSP、釧路市大楽毛北2)へ資本参加し、経営に参画した。DFAが運営し生産するパプ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク