全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

エコキャンドルで竹灯籠をともす

エコキャンドルを使った竹灯籠に足を止める職員(市役所前で)

 山陽小野田市は7日の夜、廃油で作ったエコキャンドル400個で竹灯籠をともし、ライトダウンを促す環境キャンペーンを市役所前で行った。温かな明かりが幻想的な光景をつくり出す中、不要な電気の消灯を呼び掛けた。    2008年の洞爺湖サミットが七夕の日に開催されたことを機に定められたクールアース・デー(7月7日)にちなんで、市環境課が初めて実施。天の川を見ながら、家庭や職場で地球環境の大切さを思い、温暖化対策の取り組みを進める日として設けられている。    エコキャンドルは、家庭の使用済み油を回収して市地球温暖化対策地域協議会(塩田賢二会長)が製作。油と、それを固める処理剤を混ぜて紙コップに入れ、点火部分となる、たこ糸を挿して作った。竹灯籠は、有帆竹灯会(坂野啓治会長)のメンバーが設置した。

 この日は、天の川を見られる夜空ではなかったが、雨は降ることなく持ちこたえ、エコキャンドルに点火できた。午後8時から約2時間、竹灯籠を点灯。仕事を終えて帰宅する職員らが足を止め、温かな光に見入っていた。

 同課環境保全係の縄田誠係長は「使わない電気は、小まめに消すなど、身近なところからCO2削減を心掛けてほしい」と話していた。

関連記事

紀伊民報社

熊野本宮大社で合気道演武 植芝道場長の講習も

 和歌山県田辺市本宮町の世界遺産・熊野本宮大社の旧社地「大斎原(おおゆのはら)」で20、21日、「合気道国際奉納演武」があった。  同市出身で合気道の開祖・植芝盛平のひ孫に当たる合気道本部道場...

長野日報社

原村でじっくりボードゲームを 1日1組限定のリゾート

ボードゲームに没頭するリゾート施設「GAW(ガウ)」が、5月1日に原村原山にオープンする。都内の音楽制作会社が手掛ける新事業。アナログゲームマスターのあだちちひろさんが依頼者の思いに沿った最...

帯広信用金庫の防犯講座人気 詐欺事例、寸劇交え

 十勝管内でも特殊詐欺事件が相次ぐ中、帯広信用金庫(高橋常夫理事長)は、被害防止のための出前講座を続けている。具体的手口を寸劇を交えるなどして分かりやすく紹介、社会貢献事業として無料で行ってお...

荘内日報社

外国人観光客とおもてなし交流 酒田港 泉小児童 日本の遊び紹介

 外航クルーズ船「ウエステルダム」(オランダ船籍、8万2862総トン)の酒田港寄港に合わせ22日、酒田市の泉小学校の4年生42人が同港古湊埠頭(ふとう)に降り立った外国人観光客らに日本の遊びを紹介するなど交...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク