全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宮路山もみじまつり

紅葉したコアブラツツジなどに囲まれ、記念撮影を楽しむ人たち=宮路山で

 豊川市赤坂町の宮路山第一駐車場で26日、音羽商工会主催の「第27回宮路山もみじまつり」が開かれ、散策やハイキングを楽しむ多くの人でにぎわった。  山中にある駐車場ではつきたてのきな粉餅が振る舞われ、商工会の青年部や女性部がバザーをなどを展開。甘酒やどて煮などの他、萩町に本店のある京菓子所・亀忠菓舗は山桃ようかんや栗きんとんなどの和菓子を販売し、毎年祭りに合わせて作るモミジの形をした色とりどりの干し菓子も好評だった。  三河湾も望める標高362メートルの宮路山の登山道ではモミジやコアブラツツジなどが赤く色付き始め、秋晴れの下、来訪者は記念撮影などで散策を楽しんだ。

関連記事

ひまわり迷路 笑顔咲く 本別

 「十勝ほんべつ ひまわり迷路2019」(実行委、前田農産食品主催)が20日、本別町弥生町のほ場で開幕した。大勢の親子連れらが訪れ、総延長約2キロの巨大迷路に歓声を響かせた。28日まで。  ...

紀伊民報社

夏の応援団参上 大学生が「海の家」

 和歌山県田辺市の扇ケ浜海水浴場で、和歌山大学と関西大学の学生がそれぞれ運営する「海の家」が20日にオープンする。田辺の夏を盛り上げる「応援団」として毎夏の恒例となっている。両大学生は「家族連れ...

立てないヤギ 車いすで復帰 おびひろ動物園

 おびひろ動物園(柚原和敏園長)の高齢のヤギ「ユズ」(雌、9歳)は昨年秋に左前足の不調で立つことができなくなったが、6月から、飼育展示係のスタッフが改造した車いすを使い、わずかながら歩けるようにな...

新城で奥三河の食品使って料理試食会

 奥三河地域でつくられる食料加工品を活用した料理の試食会が、新城市豊岡のゲストハウス・ホーホーで開かれた。和食店の料理人が柿酢を使った酢豚、ジビエの鹿肉を使った治部煮など6種類のメニューを調理し、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク