全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

牛肉の中トロ 黒毛×ホル「帯広牛」 トヨニシファームが新ブランド

トヨニシファームが10日から「帯広牛」として売り出す牛肉(中央が小倉社長)

 トヨニシファーム(帯広市豊西町、小倉修二社長)は5日、同社で育てた交雑牛(F1)の牛肉を「帯広牛」のブランド名で売り出すと発表した。愛称は「ブレンデッドビーフ」(ブレンド=混合=した牛の意味)。主力ブランドの「豊西牛」(ホルスタイン雄牛)と合わせて、道内外の消費者に十勝産牛肉の良さを発信する。

 5日に同ファームで発表会を開き、ロゴマークを披露した。商標登録を申請しており、10日から「帯広牛」の名称で販売する。

 「帯広牛」は黒毛和牛の雄とホルスタインの雌を掛け合わせた牛で、同社では2016年から肥育し出荷している。ホルスタインより脂が乗り、肉質や肉量が優れている。ブランド展開を見据え、肉質や霜降り具合を調整、芳醇(ほうじゅん)なうま味と香りが出るよう粗飼料にナッツ類を加え、改良・研究を重ねた。

 民間機関による牛脂肪の分析では、「帯広牛」のオレイン酸(脂肪酸の一種)含有割合は55.8%。交雑種の平均より高く、黒毛和牛に迫る数値が得られたとしている。

 交雑種は和牛より価格が安く、外食・観光産業を中心に引き合いがある。交雑種はなじみが薄いため「ブレンデッドビーフ」の愛称を付け、「豊西牛」と差別化を図る。

 ロゴマークは「帯」の字を「牛の顔」に見立てたデザイン。「赤身肉」のホルスタイン種と黒毛和牛の混合をイメージし、背景は「黒みがかった赤色」にしている。

 小倉社長は「帯広牛は霜降りの脂身が特長。マグロに例えると豊西牛は赤身、黒毛和牛は大トロ、帯広牛は中トロ。自信を持って帯広牛の名前で送り出したい」と話している。

 同ファームは現在、計5200頭を飼育、うち交雑種は1500頭。来年秋には交雑種は2000頭体制に拡大、月間出荷頭数を80頭とする計画を立てている。

◆10日から店頭に
 帯広牛は10日から、回転ずし・なごやか亭の帯広市内3店がローストビーフ握りとして提供、帯広市八千代牧場のレストランカウベルハウスではステーキとしメニューに加わる。藤丸の食品売り場・精肉コーナーでも販売される。

 トヨニシファームの販売・加工事業部(帯広市西3南35)では毎週土曜日に直売、同社ホームページでも扱う。

関連記事

メークインで高級スナック菓子 50グラム540円「フライドポテト」 JA..

 JA帯広大正(森和裕組合長)は、高級スナック菓子「帯広大正農協の大正メークインでつくったフライドポテト」を発売した。同JAのブランド野菜「大正メークイン」の素材力を生かし、サクサクの食感と素朴な...

バナナを使った商品開発 南山大生と田原の「マーコ」

 南山大学経営学部の川北眞紀子教授のゼミに所属する3年生6人は、田原市保美町の青果生産販売「マーコ」が伊良湖温泉水で育てたバナナを使ったせんべいなどの商品開発に挑戦中だ。今年度中に完成を目指す。 ...

長野日報社

24日は土用の丑の日 「うなぎのまち」岡谷市の店にぎわい 長野県

24日の「土用の丑の日」を前に、「うなぎのまち岡谷」として知られる長野県岡谷市内のうなぎ料理店や川魚店が、繁忙期を迎えている。稚魚の不漁や円安、物価高の影響で仕入れ値が高騰する中、値上げ幅を抑...

豊川でアールスメロンの出荷最盛期

 メロンの生産が盛んな豊川市で、ネット系の「アールスメロン」の出荷が最盛期を迎えた。今年4月に完成し、7月から本格稼働した同市三上町のJAひまわり「総合集出荷センター」では、農家が持ち込んだメロン...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク