全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

規格外リンゴでワイン 辰野の久保農園

規格外リンゴを使って醸造したワインの2016年ラベル

 規格外のリンゴを活用した産地PRに取り組む、辰野町北大出の久保農園は、オリジナルワイン「久保農園の林檎ワイン」の第3弾となる2016年ラベルを醸造した。サイズや形のふぞろいなどで出荷できないものの、生食用に劣らない良質なリンゴから造られるワインの評判は上々。地元消費はもちろん、県内外への贈答品としても利用度が高まっている。

 園主の野澤久美子さん(44)が「規格外品を無駄にせず、新たな方法でリンゴの付加価値を高めたい」との思いで14年ラベルから商品化した。大半をジュース加工に回していた規格外品を、伊那市の伊那ワイン工房へ持ち込んで醸造依頼。試行錯誤しながらワイン造りを進めている。

 16年ラベルは昨年収穫した「サンふじ」を使い192本醸造。リンゴの爽やかな香りが立ち、すっきりとした飲み口に仕上がった。自身が経営する箕輪町の飲食店で販売し、ドリンクメニューでも提供しており「飲みやすく料理を引き立てる」と好評だ。辰野、箕輪両町のふるさと納税の返礼品に採用され、ワイン目当てに訪れる人も増えた。

 今秋は台風21号により地域で例年以上の 落果被害が出たが、野澤さんは「落果した中から良い玉を選別し、17年ラベルのワインを造る」と前向き。「規格外品の活用策に注目が集まることで、台風にも負けない リンゴ産地と品質のPR、地域おこしにつなげられれば」と意気込んでいる。

 16年ラベルの価格は720ミリリットル入り1620円(税込)。箕輪町沢の「Farmer’s Kitchen 雪・月・花」で取り扱う(月曜、第3日曜定休)。問い合わせは同店(電話0265・70・7785)へ。

関連記事

長野日報社

玄米粉と黒豆きな粉のマドレーヌ 辰野町に新名物誕生

長野県の辰野町商工会女性部(松井夕起子部長)は、町の土産品づくりプロジェクトで、同町下辰野の菓子司・味香月堂(小澤良教店主)とともに新商品「おらが町の米(ま)どれーぬ」を共同開発した。地場産の玄...

足寄しあわせチーズ工房特別賞 全国ナチュラルチーズコン

 国産ナチュラルチーズの品評会「ALLJAPANナチュラルチーズコンテスト」(中央酪農会議主催)が10月30日、都内で開かれた。7工房が参加した十勝勢は、しあわせチーズ工房(足寄)の「茂喜登牛(モ...

長野日報社

とろろ「お代わり」54杯 茅野市金沢で大会

「こっち、お代わり!」「こっち、こっち」。40分の制限時間で、とろろご飯を何杯食べることができるか競う茅野市の金沢体協恒例の「とろろ選手権大会」が3日、金沢地区コミュニティセンターであった。ご飯...

長野日報社

打ちたて舌鼓 みはらしファームで新そばまつり

信州そば発祥の地・伊那を発信する第8回「信州伊那新そばまつり」が26日、長野県伊那市西箕輪のみはらしファーム特設会場で始まった。標高800メートル以上で育った地元の新そばを打ちたてで提供。県内外...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク