全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

日本画の灯を消さない

初心者を対象にした日本画のワークショップ=豊橋市花中町で

 豊橋から日本画の灯を消さないように-と、地元日本画家による出前ワークショップ「日本画で遊ぼ!」が25日、同市花中町のギャラリー“結”で開かれた。今後も不定期で開催予定で、初回は初心者10人が参加。色美しい日本画材に触れ、色紙に干支(えと)の絵を描き上げた。  市内の日本画家・髙木基惠さんが「日本画を広めよう」と、趣旨に賛同する同じく市内の日本画家・榊原伸予さんと「えの会」を旗揚げし、ワークショップを行うことに。初回のこの日は、30~70代の初心者10人が赤い色紙に“犬張り子”を描くことに挑戦した。  髙木さんが講師となり、榊原さんと戸澤美千代さんがサポート。参加者は、髙木さんが用意していた、胡粉を百打ちした「白色」、数種の絵の具を調合した「群青」、水干の「黒」の基本色の絵の具と手本を使って制作に励んだ。同じ手本を使っても、色紙に転写する段階で個性が現れ、各人が異なる顔をした張り子を描き上げた。「日本画の絵の具を初めて使った。機会があれば他の絵も描いてみたい」と参加者らも満足気だった。  「なかなか日本画の絵の具に触れることは無いので、よい機会になるのでは」と榊原さん。髙木さんは「日本画を描く楽しさを多くの人に味わってもらい、裾野を広げたい。今後も不定期で5~10人程度の1日講座を開いていけたら。希望があれば出張もしたい」と話す。問い合わせは髙木さん(0532・26・7678)へ。

関連記事

池田に待望の本屋オープン 「手に取り選べる」と好評

 池田町内唯一の書店「さくら書房」が15日、町内の電器店「デンキのホームライフ」(大通5、中村吉孝代表)の店舗内の一角にオープンした。2017年12月に町内に1店だけあった書店が閉店して以来、およ...

エコライフおきなわ 4個人5団体を表彰 石垣島初開催 地球の未来や環境考..

 県と自治体の共催による県民環境フェア「エコライフおきなわ2019 ISHIGAKI OKINAWA」(県主催)が16日、石垣市総合体育館を主会場に行われた。地球温暖化対策や自然保護、リサイクル...

長野日報社

「eスポーツ」伊那市で熱戦 初のアンダーリーグ

コンピューターゲームで対戦する「eスポーツ」の振興に取り組む「長野県eスポーツ協会(NeSPA)」は今秋から、プロを目指すアマチュア向けのリーグ戦「アンダーリーグ」を県内各地で試験的に実施して...

紀伊民報社

稚児が舞う 「やつはち」奉納

 和歌山県白浜町堅田、堅田八幡神社の例祭(県文化財)が15日にあり、午前中には、稚児が舞「やつはち」を奉納した。  額と頬に紅を塗った男児3人が、締太鼓に合わせ「右回り」「左回り」「ばちを持ち、...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク