全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

人気のふるさと応援便再び(出羽商工会) 帰省できない地元出身者らに送る 利用しやすいメニューとシステム、7月1日開始

 出羽商工会(本所・鶴岡市大山、上野隆一会長)は7月1日(木)から、「出羽ふるさと応援便」の受け付けを開始する。地元の特産品を、同商工会が送料を負担して宅配するシステムで、昨年度に新型コロナウイルス対策で始め好評だったことから、本年度はより利用しやすいメニューとシステムにし、2000セットの取り扱いを目指す。

2年目となった出羽商工会の「出羽ふるさと応援便」のチラシ

 新型コロナで消費が落ち込む中、お盆や正月に帰省できない県外の地元出身者らをターゲットに、会員事業所の製品を送るもの。送料やチラシ制作など宣伝費は同商工会が負担するため、各事業所、利用者双方にメリットがある。昨年度は3000円と5000円の2種の金額枠で地域ごとの特産品詰め合わせを中心に販売。首都圏の古里会などを通じて利用を呼び掛け、当初の目標700セットに対し、2倍以上の1562セットを扱った。

 2年目の本年度は、夏、秋・冬、正月と3回実施の予定。第1弾は7月1日から9月30日(木)までの3カ月間、22種を扱う。金額は昨年度に利用が多かったお手頃価格の3000円(税込み)に統一し、より幅広い事業者が参加できるよう単品メニューを増やした。

 主なメニューは、庄内米3種セット(つや姫、コシヒカリ、雪若丸各2キロ)、アンデスメロンセット(メロン2玉としなべきうり、ぜんご漬など)、だだちゃ豆セット(豆2キロと北前塩)、海の幸ギフトセット(タイやホッケの干物、アカモク、ホタルイカ沖漬)、朝日のうまいものセット(笹巻き、あん入りとち餅、山ぶどうジャムなど)、生麺セット(麦切り、中華そばなど)、地酒の飲み比べセットなど。

 担当の伊藤司西部センター長は「昨年は、ふるさとに帰りたくても帰れない県外在住者のほか、地元在住者が県外の親戚や知人に送るパターンも多かった。今年はより利用しやすいメニューとシステムにしたので、たくさん利用してほしい」としている。

 申し込みは、郵便局に備え付けの払込取扱票に必要事項を記入し送金する方法(送金手数料は各自負担)に加え、新たにインターネットのショッピングサイト=https://furusatoouen.shopselect.net/=から行う方法(送金手数料は無料)も導入した。チラシは同商工会本・支所に置いている。問い合わせは同商工会=電0235(33)2117=へ

関連記事

北羽新報社

白神ねぎ、豚なんこつカレーに 「天空の能代まんぷく給食」好評

 能代市内の小中学校で22日、「天空の能代まんぷく給食」が提供された。児童生徒たちは、地元特産の白神ねぎやB級グルメで知られる豚なんこつを使ったカレーに舌鼓を打ち、ふるさとの食材などに理解を深めた。...

長野日報社

伝統野菜の上野大根使用「おしなそば」完成 長野県諏訪地方の9店舗で提供へ

 諏訪商工会議所の資源開発部会(代田あゆみ部会長)は30日から、開発を続けてきたそば「おしなそば」の提供を長野県諏訪地方の9店舗で開始する。信州の伝統野菜で諏訪市の上野地区で栽培される「上野大根...

北羽新報社

学校農園のサツマイモふんだん 三種町浜口小のパン、マフィン好評

 三種町浜口小(大山正道校長)の児童が16日、地元のパン・菓子製造販売業者の協力を得て開発したパンとマフィンを同町浜田の八竜ショッピングセンター・ポポロで販売した。学校農園で栽培したサツマイモをふ...

長野日報社

日本酒と料理の相性楽しむ事例集制作 長野県諏訪地方の酒蔵9蔵

 県酒造組合諏訪支部(林新一郎支部長)は、長野県諏訪地方の酒蔵全9社の酒と、それぞれに合う料理を写真と文で紹介する味わい事例集「諏訪の酒と、」を制作し、配布を始めた。「9蔵が心を一つにして実現...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク