全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

境内に「涙ぐむ眼」 マリーゴールド… 宮沢賢治設計の花壇 静光寺 むかわ

むかわ町松風の静光寺はこのほど、境内に詩人・宮沢賢治が設計した西洋花壇「涙ぐむ眼」を整備した。マリーゴールドやベゴニア、アリッサム、ゴールドクレストなど色鮮やかな花が大きな「瞳」を描いており、参拝に訪れる町民の心に癒やしを届けている。

「涙ぐむ眼」をイメージして静光寺の境内に整備した花壇

 花壇は幅4・2メートル、奥行き2・4メートルで今月中旬に完成。水谷寛斎住職(62)が仕事の合間を利用しながら、部屋の資料を整理していた際に見つけた設計図を基に2カ月ほどかけて約200株の花を植えた。花はホームセンターで調達し、砂利やブロックの一部は友人から譲ってもらったという。

 同寺は2018年9月の胆振東部地震で建物こそ崩れなかったが、基礎のずれや天井が抜け落ちるなどの被害を受けた。このほか本堂は仏具が散乱し、納骨堂は倒壊。建物内の完全復旧まで2年以上を要した。

 このため、手つかずだった境内の整備は今年の春から本格的に始め、花壇は「参拝に来た方が見てホッとするようなものをと思って造った」。他にも、あちこちに散乱した石やアスファルトの破片をかき集めて石文字やキャラクターを描くなど、趣向を凝らして参拝者の目を楽しませている。

 水谷住職は「何か一つのものを完成させると、『次は何をやろうか』と考え、手広くなってしまった」と苦笑いを浮かべながら、「地震で荒れた境内を知っている近所の方が『お寺がきれいになった』と言ってくれる。参拝に来る方の心を癒やす意味で、空いている時間を利用してさらに整備していきたい」と話す。

関連記事

紀伊民報社

懐かしの味をドライブインで 古久保さん腕振るう

 和歌山県田辺市龍神村広井原に9月にオープンしたドライブイン「龍の故郷(ふるさと)」で、厨房(ちゅうぼう)のスタッフとして働いている古久保清子さん(81)=龍神村西=は、昨年まで龍神村で長年愛さ...

荘内日報社

科学の甲子園県大会優勝 酒東高チーム2年連続 全国舞台へ決意

 科学好きな高校生が集い、知識・技術を競い合う科学技術振興機構(JST)主催の「第12回科学の甲子園」県大会で、県立酒田東高校(大山慎一校長、生徒487人)の理数探究科2年生8人の出場チームが優勝し30日、...

Sea級グルメ全国大会 苫小牧「ホッキしゅうまい」初制覇

苫小牧港の活性化に取り組む団体、みなとオアシス苫小牧運営協議会(会長・関根久修苫小牧港開発社長)が開発した「ホッキしゅうまい」が第13回みなとオアシスSea級グルメ全国大会で初優勝を果たした。水揚...

宇部日報社

きょうから師走、宇部健康保険センターの年末一斉監視指導始まる【宇部】

   きょうから師走。年末に向け、人も物の動きも活発になる。宇部健康福祉センター(前田和成所長)は1日、多種類の食品が短期間に大量流通する年末の食の安全確保を目的に、管内となる宇部、山陽小野田...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク