全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

「松くい虫から守れ」 能代市の風の松原で防除薬剤散布

松くい虫の被害防止に向けて薬剤散布を実施

 米代西部森林管理署は29日まで6日間、能代市の風の松原で松くい虫の被害防止に向けた薬剤の地上散布を行った。後谷地と大開浜の両国有林計307㌶で実施し、水で希釈した薬剤を松に吹き掛けた。同管理署によると、昨年度の被害は417立方㍍で前年から大幅に減少し、「被害減少に向け、対策を引き続き取る」としている。
 風の松原では平成11年に初めて松くい虫被害が確認され、被害が拡大。伐倒駆除や薬剤散布を行いながらも増減を繰り返し、27年度は1400立方㍍に上ったが、令和元年度は733立方㍍となり、昨年度は417立方㍍に減った。本数は約2500本で、薫蒸や破砕処理を行った。
 薬剤散布は例年この時期に実施。マツを枯らすマツノザイセンチュウを運ぶマツノマダラカミキリが木の中から出始める時期で、活動が活発化する前に薬剤を効かせ、被害を防ぐ。
 作業は、両国有林を12区域に分けて24日に開始。天気に恵まれて作業は順調に進み、最終日の29日は大開浜の国有林内で行った。噴射する機械を積んだトラックが松原内を回り、水で希釈した薬剤を作業員が手際良く散布した。カミキリは弱っている木の上部に寄り付きやすく、上部を重点的に散布。期間中は368㌧もの水を使用する。
 同管理署は「年によって被害の増減はあるが、薬剤散布の効果はある。被害が減っていくよう、予防と駆除を両立させながら対策を引き続き進めていきたい」と話している。

関連記事

紀伊民報社

ギネス記録を達成 最大のレーザービーム文章

 和歌山県白浜町内で3軒の温泉宿を運営する「オージャス」(金田紀彦社長)は24日夜、同町椿で運営する温泉宿「XYZプライベートスパ&シーサイドリゾート」前の海岸で、「レーザービームで作った最大の...

荘内日報社

麺恋の 酒田ラーメン巡り旅PR 6月30日まで5店で開催 公益大生が動画撮影協力

 酒田のラーメンに着目したイベント「麺恋(めんごい)の!酒田んめもの巡り旅」が行われ、地元のラーメン愛好者たちを楽しませている。今月23日には市内のラーメン店で東北公益文科大学ラーメン同好会「麺恋の...

十勝の地盤マップ公開 帯広の東成「住宅建てる参考に」

 地盤調査を行う東成(帯広市、花房紀陽社長)は、十勝管内の地盤傾向を検索できる「地盤ファクト」(地盤マップ)を6月1日(予定)からホームページで一般公開する。地域ごとに地盤の傾向を3段階で表記して...

夜の海、幻想的に 大和村 国直沖でサンゴ産卵

 大和村国直沖で20日から、三夜連続でサンゴの一斉産卵が確認された。奄美海洋生物研究会会長で自然写真家の興克樹さん(51)=奄美市名瀬=が撮影した。卵と精子の入った直径0・5㍉ほどの淡いピンク色...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク