全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

荘内日報社

東京五輪を身近に 正式種目「スケボー」知ってもらいたい(鳥海小6年 池田君と打田君)

 東京2020五輪の正式種目となっているスケートボードについて多くの人から知ってもらおうと、鳥海小学校(酒田市、小松泰弘校長、児童148人)の6年児童2人が29日朝、同校全校朝会の場で、これまでの練習成果を生かしてスケボーの「技」を披露、見守った全校児童、教職員から大きな拍手を受けた。

全校児童の前で、スケボーを披露する池田君(左)と打田君

 妙技を披露したのは、池田太迦君(11)、打田優羽君(11)の2人。池田君は小学1年時、動画共有サイトでスケボーを見て、そのとりこに。9歳の誕生日に両親からスケボーをプレゼントされ、同時に同市浜中のスケボー教室「アートガレージ」に入門。打田君はその翌年、池田君に誘われて始めた。2人は現在、週に2回通い技を磨いている。

 2人は今回、「五輪を前に競技について多くの人から知ってもらいたい。発表の場を設けてほしい」と担任教諭を通して小松校長に依頼した。同校の前身の一つ、旧本楯小は本県初の五輪選手(マラソン競技)となった茂木善作翁(1893―1974年)の出身校。五輪を身近に感じてもらうとともに、「自らの得意を生かし、進んで表現し、互いに認め合うことは、本校が目指す『互いの良さを認め合う学級づくり』そのもの」(小松校長)と快諾し、朝会での披露となった。

 この日は最初、練習の様子を収めた動画を全員で観賞。実技で2人は、ジャンプと同時に体を半回転させる「180(ワン・エイティー)」、ボードごとジャンプする「オーリー」、ジグザクに走らせる「チックタック」といった技を次々と披露、見守った児童たちは「すごい」と話し、大きな拍手を送っていた。

 小松校長は「2人の発表を見て、新しい世界を見た思い。さまざまな分野で頑張っている人がいることが分かった」と話し、「野球でも、サッカーでも、暗記でも、読書でも何でも良い。みんなに知ってもらいたいことがあったら、ぜひ発表を」と呼び掛けた。終了後、2人は「大勢から見てもらったのは初めてだったので緊張した。発表は楽しかった」と口をそろえ、「スケボーを広めるためにも、これからもぜひ続けたい」と語った。

関連記事

紀伊民報社

椿温泉湯治体操が完成

 和歌山県白浜町椿にある旅館「しらさぎ」で20日、「椿温泉湯治体操」のお披露目会があった。体操を開発した健康運動指導士の寺田尊紀さん(44)=和歌山市=は「全世代の誰もができる、気持ちから元気に...

荘内日報社

「キッチンカー」人気!! 大型店やイベント出店依頼 コロナ禍 機動力ある販売..

 移動販売の「キッチンカー」が庄内で増えている。コロナ禍となった2020年から昨年までの2年間で新たに23台が庄内保健所に登録した。大型店からオファーを受けるケースのほか、市や町が主催するイベントに「来て...

「スロウ」直営店27日に開店 帯広のソーゴー印刷

 ソーゴー印刷(帯広市、高原淳社長)は27日、同社が発行する雑誌「ノーザンスタイルスタジオ・スロウ」で紹介してきた、管内外のこだわり商品などを集めた初の直営店「SLOW living(スロウリビン...

宇部日報社

たんぼラグビー、泥しぶきを上げてダッシュ 山口市

 第1回たんぼラグビーは21日、山口市吉敷佐畑1丁目の水田であり、小学生から大学生までの50人が全身泥だらけになりながらトライを目指した。2015年に京都府で発祥したとされるラグビーで、県内では...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク