全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

JTA貨物臨時便運航 パイン出荷最盛期へ対応 県の対コロナ物流事業

パインやマンゴーなどが次々と臨時貨物便に積み込まれた=28日午後、南ぬ島石垣空港

 最盛期を迎えているパインの出荷など増加する荷物へ対応するため、日本トランスオーシャン航空(JTA)は、28日から石垣―那覇間で「貨物専用臨時便」の運航を開始した。30日まで。那覇空港で貨物を羽田空港向け乗せ換える。

 新型コロナウイルスの影響で八重山への入域観光客が減少し旅客機が減便されることに伴う措置。機材は同社所有のボーイング737―800を使用、3日間で12㌧から14㌧程度の輸送力を確保する。県の航空物流機能回復事業の一環。

 初日の28日は、石垣島や西表島産のパインをメインにマンゴーや鮮魚など合わせて4・3㌧。職員らが手分けして貨物室いっぱいに積み込み、那覇へ向けて出発した。

 同社によると石垣―那覇便の荷物の多くが関東圏の個人宅や市場向けだという。

 マンゴーの出荷が本格化する7月1日からは、石垣―羽田間で10月末まで就航する中型旅客機のボーイング767―300が関東圏への輸送を担う。

 6月1日から同27日までの輸送実績は石垣―那覇で270㌧のほか、石垣―羽田で165㌧となっており、JTA八重山支店の玉城力支店長は「生産農家にとって出荷できるかが一番気がかりだと思う。今回の臨時便で輸送力の確保はできた。物流事業者とも連携して積み残しのないようにしていきたい。さらなる出荷需要があれば県と調整したい」と述べた。

関連記事

紀伊民報社

白良浜に「光の公園」 イルミネーション点灯

 和歌山県白浜町の白良浜で1日、イルミネーションの点灯が始まった。カラフルな「光の公園」が観光客らを迎えている。点灯時間は午後5時~10時。来年1月31日まで。  冬場の観光客誘致などを目的に、...

荘内日報社

酒田台町かいわい 施設・旧跡4カ所ライトアップ

 数多くの飲食店が軒を並べ、「混雑のあまり肩がぶつかり、まっすぐ歩けなかった」と回顧する人がいるほど市民らでにぎわい、港町・酒田の繁栄の象徴だった台町かいわい(日吉町一丁目、同二丁目、船場町一丁目...

旧虎杖中校舎 「森の工舎」に ナチュラルサイエンス 自然と科学のミュージアム..

基礎化粧品メーカーのナチュラルサイエンス(本社東京)は2日、白老町虎杖浜の同社工場敷地「ナチュの森」の一角に建つ旧虎杖中学校の校舎を改装し、親子で楽しめる文化施設「自然と科学のミュージアム 森の工...

大樹の養殖マス大半死滅 しけ直撃、不運3年続き

 大樹町内の旭浜漁港で試験的に養殖されているサクラマスは、先週末にしけの直撃を受け、大半が出荷できない状態になってしまった。同事業は一昨年、昨年も不調に終わり、「三度目の正直」と臨んだ今期だっ...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク