全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

とかち財団の起業奨学金 帯畜大の3人採択

発表会に参加した(左から)大山さん、井尻さん、長澤理事長、江口さん

 とかち財団(長澤秀行理事長)は26日、学生起業家育成奨学金の採択者発表会をLAND(帯広市西2南11)で行った。選ばれた帯広畜産大学の学生3人は、各自のビジネスプランの具体化に1年間取り組む。

 同事業は今年で4年目。十勝の産業を盛り上げるプランを提案する学生を応援しようと、応募者から選考し、年額36万円を支給。今年は3~4月に受け付け、応募した3人全員を採択した。いずれも帯広畜産大学の女子学生で、井尻葉月さん(20)=2年=、江口夏帆さん(19)=同=、大山穂果さん(20)=3年=。

 井尻さんは京都府のコメなどを栽培する実家で育った。コメを生地に使用し、納豆など十勝産食材を包んだまんじゅうづくりを目指す。江口さんは新潟県出身で、十勝に来てからジャガイモのおいしさや種類の多さに驚いたという。ジャガイモを使った菓子を作り、キッチンカーで販売する夢を描く。大山さんは十勝で新たな冬イベントづくりを行う。十勝になじんだ風景でもある防風林にイルミネーションを施し、点灯させようと意気込んでいる。

 長澤理事長は「プランをじっくり考える過程は、就職してからや独立して起業する際にも役立つ。プログラムを有効に使ってほしい」とエールを送った。

 3人は今後、事業内容を磨き上げ、来年3月に成果報告会で取り組みを発表する予定。

関連記事

長野日報社

東京修学旅行再開 長野県諏訪市豊田小6年生に同行

 新型コロナウイルス感染症の影響で、ここ数年、長野県外から県内へ行き先が変更されるケースが相次いだ小中高校の修学旅行。感染状況が全国的に下火になっていることを受け、諏訪地域の学校では行き先を県...

紀伊民報社

大学生が3年ぶり「海の家」オープン

 和歌山県田辺市の田辺扇ケ浜海水浴場で、関西大学の学生が「海の家」を運営する。新型コロナウイルス禍で休止していたため、3年ぶり。7月9日のオープンに向け、準備を進めている。  関西大は市と地域活...

荘内日報社

「万里の松原に親しむ会」農水大臣賞

 全国森林レクリエーション協会(東京都、三浦雄一郎会長)が制定する本年度の「森林レクリエーション地域美しの森づくり活動コンクール」で、酒田市の環境保全ボランティア団体「万里の松原に親しむ会」(三浦...

大樹の「宇宙観光」連携 日本旅行と町、スペースコタン

 日本旅行(東京)、大樹町、SPACECOTAN(スペースコタン、同町)の3者は7月、宇宙のまちづくりをテーマにパートナーシップ協定を締結する。日本旅行のノウハウを生かし「宇宙観光」を振興する。7...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク