全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

婚活をサポート、マッチングシステムにAIを導入

タブレット端末で新システムのデモ画面を操作する職員(県庁で)

 県はコロナ禍の婚活をサポートするため、やまぐち結婚応縁センターのマッチングシステムにAI(人工知能)を導入し、7月1日から運用を開始する。スマートフォンなどを使用し、自宅でも会員登録や相手探しができるようになる。

 これまでは山口市神田町の同センターや、県内3カ所のサポートセンターで会員登録などを行う必要があったが、スマートフォンやタブレット端末を使用して自宅でも可能に。ビッグデータを活用し、AIが相手探しのサポートも行う。

 さらに、センター以外の場所でもお見合いができるようにし、交際の前段階となる最大60日の〝お友達期間〟を設けた。期間中は連絡先の交換をせず、チャット機能でやりとりするという。

 システムは同センターのホームページからアクセスできるようになる。導入経費は2500万円だった。

 同センターは2015年の開設以来、6年間で146組を成婚に導いた。しかし、新型コロナの影響で会員数や引き合わせ件数が減少傾向に。5月末現在、会員は893人で、こども政策課の福本理課長は「新システムの導入で一気に会員を増やせれば」と語った。

 入会登録料は5000円で、1年間活動できる。更新も可能。システムの導入に伴う入会促進キャンペーンの一環で、12月末までに仮登録すると会員登録期間が1カ月延長される。

 7月25日午前10時からは、宇部市多世代ふれあいセンターで新システムの操作体験会を開く。定員は12人で、応募者多数の場合は抽選。申し込みはメールで同課(メールa13300@pref.yamaguchi.lg.jp)へ。締め切りは12日。参加者は会員登録期間が2カ月延長される。

関連記事

大樹の「宇宙観光」連携 日本旅行と町、スペースコタン

 日本旅行(東京)、大樹町、SPACECOTAN(スペースコタン、同町)の3者は7月、宇宙のまちづくりをテーマにパートナーシップ協定を締結する。日本旅行のノウハウを生かし「宇宙観光」を振興する。7...

北羽新報社

甘くみずみずしく 能代市で「白神きゃべつ」収穫盛ん

 能代市で、初夏取りキャベツの収穫が行われている。JAあきた白神によると「今年は玉のそろいが良く、収穫は順調に進んでいる」といい、現在は作業が終盤。各地の農家が梅雨空の中で汗を流している。新たに...

宇部日報社

厚狭秋まつりで披露されている古式行事を体験する会

 山陽小野田市の無形民俗文化財で、厚狭秋まつり(11月)で披露されている古式行事を体験する会が25日、厚狭地区複合施設体育館で開かれた。厚狭小の放課後子ども教室の1~6年生24人が参加。独特の踊...

長野日報社

養蚕 高品質な繭へ「上蔟」作業 長野県岡谷市

養蚕や桑栽培に取り組む長野県岡谷市川岸上の三沢区民農園は27日、飼育してきた春蚕4万頭の上蔟を同農園の蚕室で行った。十分に成熟して繭糸を吐き出すタイミングになった蚕を、繭を作らせるための蔟に移...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク