全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

今年も「うめよ」 三種町琴丘地域で特産の梅収穫始まる

梅の収穫が盛んに行われている(三種町の金仏梅公園で)

 三種町琴丘地域で、特産・梅の収穫が始まった。生産者らは良質な梅を消費者に届けようと、日々もぎ取りに励んでいる。収穫後は選別を進め、〝梅の里〟に活気が漂い始めている。来月3日には同町鹿渡の金仏梅公園でのもぎ取り販売が始まるほか、3、4日には道の駅ことおかで「ソラマメ・梅まつり」もあり、消費者の関心を集めそうだ。
 梅の栽培は、稲作との複合経営を図ろうと旧琴丘町時代から振興された。高齢化が進んで産地の規模は縮小し、JA秋田やまもとによると町農業公社を含めて7人・団体が7・7㌶で生産に励んでいる。
 冬のせん定を皮切りに病害虫防除や摘果など管理作業を行い、今が収穫期。このうち5・3㌶の敷地に「藤五郎」や「越の梅」など約2千本もの梅が植栽され、県内屈指の梅公園とされる金仏梅公園では23日に収穫を開始した。
 町農業公社の男性作業員が作業に臨み、鈴なりに実った果実を収穫。慣れた手つきで進め、次々とかごを梅でいっぱいにしている。収穫後は同町鹿渡にある同JAの旧野菜センターに運び、女性たちが選別作業を実施。心地よい酸味をまとった果実が施設内にあふれている。
 同JAによると、4月の低温の影響を引きずって収量が少なく、小振りな傾向があるという。24日から収穫を開始した上岩川の熊谷隆雄さん(72)は「実の付きが悪いが、味はいつも通りだと思う」と話した。
 町農業公社は来月3~5日に金仏梅公園で梅のもぎ取り販売を実施。また、同JA野菜果樹部会は3、4日に道の駅ことおかで「ソラマメ・梅まつり」を開催し、詰め放題などを提供する。琴丘ならではの梅でジャムや梅漬けなどを作ろうという住民でにぎわいを見せそうだ。

関連記事

北羽新報社

3年ぶり能代山本の実年の球宴 「400歳野球大会」開幕

 第80回400歳野球大会(北羽新報社主催)は25日、能代市の赤沼球場、八峰町の峰浜野球場で開幕した。コロナ禍で2年延期され3年ぶりの開催となり、前回より10チーム少ない42チームがエントリーし、実年球児...

長野日報社

選手700人鉄人レース トライアスロン大会 長野県諏訪6市町村

 長野県諏訪6市町村を巡るスワコエイトピークスミドルトライアスロン大会2022(県、諏訪6市町村、商工会議所・商工会、長野日報社、日本トライアスロン連合でつくる実行委員会主催)は25日、諏訪湖畔...

紀伊民報社

ビーチラグビー開幕 44チームが熱戦

 和歌山県白浜町の白良浜海水浴場で25日、第25回ビーチラグビー白浜大会(実行委員会など主催)が開幕した。新型コロナの影響で中止していたため、3年ぶりの開催となる。10都府県から3部門に計44チ...

荘内日報社

創立60周年節目祝う 羽黒学園 羽黒高校

 鶴岡市の羽黒高校(加藤和司校長、生徒766人)で23日、同校の創立60周年記念式典が行われ、在校生や教職員などが節目の年を祝った。  同校は1962(昭和37)年に羽黒工業高校として創立。89(平成元)年に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク