全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

宇部日報社

交通安全子ども自転車県大会に向けて猛練習

本番を目前に技能の練習に励む子ども(東岐波小で)

 東岐波小(小野晃子校長)の児童有志が、7月3日に山口市で開かれる第55回交通安全子ども自転車県大会に宇部市代表として出場する。本番が目前に迫る中、6年生6人が実技の練習や学科の勉強に励んでいる。    大会は、子どもたちに自転車の安全な乗り方の知識や技能を身に付けさせ、事故防止につなげようと県交通安全協会と県警が開いている。昨年は新型コロナで中止になったため、2年ぶりの開催となる。指導は毎年、宇部交通安全協会東岐波分会(岸本尚之分会長)の会員と宇部警察署員が行っている。    同校は2008年から毎年代表校として出場。今年はチームとして折出陸太君、福井瑠香さん、宮下大賀君、青山千恵さんと、オープン参加選手の田中理那さん、古澤姫那さんが出場する。    大会は1チーム4人の団体戦で、実技と学科の計1200点満点で競う。実技はS字や障害物を避けるジグザグ走行などの運転技術と、右左折時の確認や停止時の合図を正しく行っているかを見る安全走行。学科は交通規制や道路標識に関する問題が60問出題される。採点はいずれも減点方式で行う。    練習は月曜から金曜までの放課後1時間半。梅雨の蒸し暑い中、子どもたちはグラウンドで自転車に乗り、苦手な子が多いという学科の勉強にも余念がない。岸本分会長は「練習をこなすごとに運転技術が上がっている」と太鼓判を押す。    チームのリーダーを務める折出君は「東岐波小で過ごすのも今年で最後。絶対に優勝したい。自分も他のメンバーに負けず、練習を頑張る」と意気込んでいる。    大会は7月3日午前9時半から、山口市小郡下郷の県総合交通センターで行われる。

関連記事

紀伊民報社

大学生が3年ぶり「海の家」オープン

 和歌山県田辺市の田辺扇ケ浜海水浴場で、関西大学の学生が「海の家」を運営する。新型コロナウイルス禍で休止していたため、3年ぶり。7月9日のオープンに向け、準備を進めている。  関西大は市と地域活...

荘内日報社

「万里の松原に親しむ会」農水大臣賞

 全国森林レクリエーション協会(東京都、三浦雄一郎会長)が制定する本年度の「森林レクリエーション地域美しの森づくり活動コンクール」で、酒田市の環境保全ボランティア団体「万里の松原に親しむ会」(三浦...

大樹の「宇宙観光」連携 日本旅行と町、スペースコタン

 日本旅行(東京)、大樹町、SPACECOTAN(スペースコタン、同町)の3者は7月、宇宙のまちづくりをテーマにパートナーシップ協定を締結する。日本旅行のノウハウを生かし「宇宙観光」を振興する。7...

北羽新報社

甘くみずみずしく 能代市で「白神きゃべつ」収穫盛ん

 能代市で、初夏取りキャベツの収穫が行われている。JAあきた白神によると「今年は玉のそろいが良く、収穫は順調に進んでいる」といい、現在は作業が終盤。各地の農家が梅雨空の中で汗を流している。新たに...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク