全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

お寺に駄菓子屋「開店」 帯広の大昭寺 本堂の一角に

「どれもおいしそう」。大昭寺本堂で駄菓子選びを楽しむ子どもたち

 帯広市内の大昭寺(大正本町本通1ノ2、中野誠二住職)が、週1回(月曜日)の駄菓子屋「寺子屋てらこ」を同寺にオープンさせた。地域住民と協力して運営し、子どもと大人が気軽に集まれる地域の居場所を目指す。

 畳敷きの本堂の一角に、昔懐かしい駄菓子が豊富に並ぶ。値段は10~30円が中心で、子どもが計算しやすいようにすべて10円単位だ。人気のスーパーボールくじも用意した。「お寺の役割は地域と人をつなぐこと。駄菓子をきっかけに、子どもたちがお寺に足を運ぶようになれば」と中野住職(51)は話す。

 のれんは妻で坊守の真喜子さん(51)の手作り。縁日風屋台は大正郵便局の局長から寄贈を受け、昔ながらの駄菓子屋さんが出来上がった。店番は、住職夫妻と地域住民が入れ替わりで担当する。

駄菓子屋をオープンさせた中野住職(左)と妻で坊守の真喜子さん

 きっかけは新型コロナウイルスだった。人との接触を減らすよう求められる中、「こんなときだからこそ、人とのつながりを確かめ合う場をつくりたい」(中野住職)と気軽に立ち寄れる駄菓子屋を思い付いた。

 4月のプレオープンでは2日間で子どもと大人合わせて延べ約80人が来場。北海道への緊急事態宣言で5月下旬に予定していたオープンは延期となったが、今月21日には“店開き”にこぎ着け、小銭を握りしめた小学生らが続々と駄菓子を買いに訪れた。

 同級生2人と来た大正小2年の女児(8)は「すてきな場所。安心して過ごせる」と笑顔。当面の間は駄菓子を買って自宅に持ち帰ることにとどめるが、コロナ収束後は、駄菓子を食べながらゆっくりと時間を過ごせるフリースペースを設ける。夜に大人が集まれる場や、高齢者を招いた交流会も開く予定だ。

 中野住職は「子どもや大人が互いに関わりが持てる、ぬくもりのある場所にしたい」と思い描く。開館は毎週月曜日の午後2時~同5時。問い合わせは大昭寺(0155・64・5163)へ。

関連記事

浦幌滞在の「参考書」完成 「リペリエンス」がパンフ作製

 浦幌町で総合旅行業などを手掛ける「リペリエンス」(小松輝代表)は、ジャバラ折りの観光パンフレットを作製した。「かしこと浦幌町」の表題で20代女性の滞在記を中心に、写真も多用してまちの魅力を紹介し...

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク