全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

北羽新報社

能代の風をイメージ マスコットキャラ「のんぷう」お披露目

マスコットキャラクター「のんぷう」がお披露目。右はデザインした田村さん、左は佐藤委員長

 風力発電にちなんだイベント「グローバル・ウインドデイin能代」の実行委員会の公式マスコットキャラクターが24日、能代市役所でお披露目された。胸に風車の絵柄が描かれ、背中に3本の羽根からなるブレードを背負った愛らしいデザイン。キャラクター名は「のんぷう」で、能代の風をイメージして付けた。
 グローバル・ウインドデイ(世界風車の日)は平成19年に欧州で提唱され、国内では20年からウインドデー(6月15日)に合わせて風力発電に親しむイベントが行われている。沿岸部を中心に47基の風車が稼働する能代市では、電力事業者や市でつくる実行委員会(佐藤裕之委員長)が同市大森山の能代港大森緑地広場で開いている。
 デザインは同市末広町のパート、田村結花さん(38)が考案。30年に開かれたグローバルウインドデイで風車にちなんだマスコットキャラクターの絵のコンテストを行い、約60点の中から田村さんの作品が最優秀賞に選ばれ、実行委の公式キャラクターに採用された。「のんぷう」の名称は実行委が考えた。
 ウインドデイは昨年度は新型コロナウイルス感染拡大を受けて中止。今年も人が集まる形式のイベントは見送ることにしたため、この日、田村さんの作品の最優秀賞表彰式を兼ねて「のんぷう」をお披露目した。
 水の滴をモチーフにしたのんぷうは水色を基調にし、顔が滴の形をしている。胸には風車のイラストが入り、風車の羽根を背負っている。趣味でイラストを描いたりしている田村さんは「風も雨もすべての始まりが水の滴に派生していると考えてデザインした。市民に愛されるキャラクターになってほしい」と話した。
 のんぷうはグローバルウインドデイのほか、産業フェアなど風力発電に関連したイベントの会場で登場する予定。

関連記事

北羽新報社

3年ぶり能代山本の実年の球宴 「400歳野球大会」開幕

 第80回400歳野球大会(北羽新報社主催)は25日、能代市の赤沼球場、八峰町の峰浜野球場で開幕した。コロナ禍で2年延期され3年ぶりの開催となり、前回より10チーム少ない42チームがエントリーし、実年球児...

長野日報社

選手700人鉄人レース トライアスロン大会 長野県諏訪6市町村

 長野県諏訪6市町村を巡るスワコエイトピークスミドルトライアスロン大会2022(県、諏訪6市町村、商工会議所・商工会、長野日報社、日本トライアスロン連合でつくる実行委員会主催)は25日、諏訪湖畔...

紀伊民報社

ビーチラグビー開幕 44チームが熱戦

 和歌山県白浜町の白良浜海水浴場で25日、第25回ビーチラグビー白浜大会(実行委員会など主催)が開幕した。新型コロナの影響で中止していたため、3年ぶりの開催となる。10都府県から3部門に計44チ...

荘内日報社

創立60周年節目祝う 羽黒学園 羽黒高校

 鶴岡市の羽黒高校(加藤和司校長、生徒766人)で23日、同校の創立60周年記念式典が行われ、在校生や教職員などが節目の年を祝った。  同校は1962(昭和37)年に羽黒工業高校として創立。89(平成元)年に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク