全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

足掛け7年、本庁舎完工 奄美市 安全の拠点に、駐車場利用来月から

奄美市本庁舎正面に完成した市民広場=23日、鹿児島県奄美市名瀬

 鹿児島県奄美市が整備を進めてきた市役所本庁舎の2期工事がこのほど完了した。立体駐車場は7月1日から来庁者用部分の利用をスタートし、残る庁舎正面の市民広場は8月下旬に開放予定。基本構想策定から足掛け7年、市民の「安全安心の拠点」として全体事業費76億円を投じた本庁舎整備事業がようやく全体供用開始となる。財政課の貞克己課長補佐は「グランドオープン後はセレモニーも実施したい」と話した。

 名瀬総合支所となる本庁舎は、市町村合併後の2014年3月に先行開庁した住用、笠利両総合支所に続く最後の庁舎建設事業。

 14年11月に基本構想が策定され、1期工事(本体工事)は16年9月に着手。約2年4カ月後の19年1月に完成した。

 庁舎は鉄筋コンクリート造9階建てに行政機能を集約したほか、最新の免震構造を採用するなど防災機能も強化した。

 2期工事(立体駐車場、市民広場)は旧庁舎解体工事や2度の入札不調などで当初計画がずれ込み、20年3月に着工。今年5月31日に完工した。

庁舎横に完成した立体駐車場=23日、鹿児島県奄美市名瀬

 旧名瀬公民館跡地に整備した立体駐車場(鉄骨造4層5段)は、1階を来庁者用、2階以上を公用車専用とする。庁舎と市民広場の各駐車場を合わせた全収容台数は170台で、内訳は来庁者用が55台(旧立体駐車場から10台増)、公用車は115台。

 このうち、来庁者用部分は先行して供用開始する。車両出入口は▽東側入り口(支庁通り)▽西側入り口(市役所別館前)-の2カ所。名瀬小学校側は公用車専用のため、一般車両は利用できない。

 市民広場は階下に駐車場を備えた鉄筋コンクリート造2階建て。市道から緩やかな勾配が続き、庁舎2階エントランスに接続する仕組みとなっている。足場はウッドデッキで、高倉風の休憩所2棟のほかガジュマルなどを植栽した。

 庁舎正面には白色の飛散物シェルター「紬スクリーン」を設置した。大島紬の絣模様がモチーフ。東西南北の四方に亀甲柄や龍郷柄などのデザインシェルターを配しているが、庁舎の「顔」となる正面が縦9メートル、横34メートルと最も大きい。

 市民広場の供用開始は市道工事との兼ね合いもあり、安全確保の観点から8月下旬を見込んでいる。

 庁舎整備の総事業費は、建築工事費など約64億円を含む約76億円。主に合併特例債などを充当した。

関連記事

浦幌滞在の「参考書」完成 「リペリエンス」がパンフ作製

 浦幌町で総合旅行業などを手掛ける「リペリエンス」(小松輝代表)は、ジャバラ折りの観光パンフレットを作製した。「かしこと浦幌町」の表題で20代女性の滞在記を中心に、写真も多用してまちの魅力を紹介し...

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク