全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

長野日報社

「中山道は素晴らしい」 ヨルダン駐日大使が下諏訪宿を訪問

下諏訪宿本陣岩波家を訪れたアンナーブ駐日大使(左)

 ヨルダンのリーナ・アンナーブ駐日大使が24日、下諏訪町横町の下諏訪宿本陣岩波家を訪れ、中山道と下諏訪の文化、歴史に触れた。岐阜県から妻籠宿(木曽郡南木曽町)に入り、木曽路を北上した4泊5日の行程の最終日で、岩波太佐衛門尚宏当主のもてなしを受けた大使は「伝統の重みやおいしい料理に感動を覚えた」と喜んだ。「中山道は世界的にも素晴らしい場所」と語った。

 昼に到着した大使は、岩波家で下諏訪町立町の和食店「二十四節氣神楽」(武居章彦店主)が 用意した昼食を味わった。稚アユの塩焼きやコイの洗いなどを詰めた松花堂弁当で「アユはとてもおいしかった」と笑みを浮かべた。木曽路で味わったナマズのフライなどを挙げながら「日本人の食材に対する向き合い方にはとても感心した」と振り返った。

 駐日大使に着任する前は同国で観光分野の大臣を務め、同国内を縦断する「ヨルダン・トレイル」の振興に取り組んだ実績を持つ。今回の木曽路でも歩いて巡る観光に時間を費やした。「歩くことで本物を体験できる。その国の本当のところを知るには地方を知ることが大事」と述べた。「中山道の価値が日本人の間ではあまり理解されていないようで、もったいない」とも話した。

 中山道は、外国人観光客の間で有名な妻籠宿だけでなく、奈良井宿(塩尻市)や木曽平沢(同)、木曽路の先にある下諏訪宿なども観光ルートとして魅力的といい「ヨルダン・トレイルとの連携が市民同士のレベルから始まれば」と期待を寄せた。街道だけでなく、日本の縄文時代にも興味があり「今度は(国宝土偶の)縄文のビーナスや仮面の女神を見たい」と諏訪地方への再訪に意欲を見せた。

関連記事

北羽新報社

3年ぶり能代山本の実年の球宴 「400歳野球大会」開幕

 第80回400歳野球大会(北羽新報社主催)は25日、能代市の赤沼球場、八峰町の峰浜野球場で開幕した。コロナ禍で2年延期され3年ぶりの開催となり、前回より10チーム少ない42チームがエントリーし、実年球児...

長野日報社

選手700人鉄人レース トライアスロン大会 長野県諏訪6市町村

 長野県諏訪6市町村を巡るスワコエイトピークスミドルトライアスロン大会2022(県、諏訪6市町村、商工会議所・商工会、長野日報社、日本トライアスロン連合でつくる実行委員会主催)は25日、諏訪湖畔...

紀伊民報社

ビーチラグビー開幕 44チームが熱戦

 和歌山県白浜町の白良浜海水浴場で25日、第25回ビーチラグビー白浜大会(実行委員会など主催)が開幕した。新型コロナの影響で中止していたため、3年ぶりの開催となる。10都府県から3部門に計44チ...

荘内日報社

創立60周年節目祝う 羽黒学園 羽黒高校

 鶴岡市の羽黒高校(加藤和司校長、生徒766人)で23日、同校の創立60周年記念式典が行われ、在校生や教職員などが節目の年を祝った。  同校は1962(昭和37)年に羽黒工業高校として創立。89(平成元)年に...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク