全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

紀伊民報社

広域ごみ最終処分場稼働へ 7月1日供用開始

7月1日から供用を開始する紀南広域廃棄物最終処分場(紀南環境広域施設組合提供)

 和歌山県田辺市稲成町に完成した紀南広域廃棄物最終処分場が7月1日、供用を開始する。みなべ町以南の10市町(北山村除く)でつくる「紀南環境広域施設組合」(管理者=真砂充敏田辺市長)が建設。紀南地域にとって長年の念願だった施設が、いよいよ稼働する。

 最終処分場は、各市町から運ばれる可燃ごみの焼却灰、小さく砕かれた不燃ごみなどを埋め立てる施設。一般家庭から出るごみは直接受け入れない。
 建設地は、阪和自動車道南紀田辺インターチェンジの北側約300メートル付近。埋め立て容量は約19万8千立方メートルで、25メートルプールに換算すると約660杯分になる。埋め立て計画期間は15年間。総事業費は約50億3千万円。
 処分地では、汚水が地下に漏れることを防ぐため、遮水シートを二重に張っている。万が一に備えて穴をふさぐ自己修復シートを重ねているほか、漏水をすぐに検知するシステムを備えるなど、多重の遮水構造になっているという。
 組合では供用開始に合わせ、処分場の役割や構造、ごみ減量の大切さについて分かりやすく解説したパンフレットやDVDを作成。学校などを対象に施設見学も受け付けている。
 最終処分場の建設は、紀南地域にとって長年の懸案だった。組合の前身である紀南環境整備公社は05年7月に設立。最終候補地の選定などを巡って事業は難航したが、14年11月に稲成町内会が建設に基本同意した。
 17年12月に用地交渉が終了し、18年2月に組合と町内会が建設同意の協定を締結。同年11月に起工し、今年3月に完成した。
 竣工(しゅんこう)式は当初、今月27日に行う予定だったが、新型コロナウイルス感染拡大防止のため中止する。
 真砂管理者は「供用開始に至ったのは地元住民の皆さまのご理解とご協力のおかげであり、改めて深く感謝する。この施設を有効に使っていくためにも、利用者の皆さんにごみ分別の大切さや減量化の重要性を理解し、実践していただけるよう一層の啓発に努めたい」とコメントした。

関連記事

浦幌滞在の「参考書」完成 「リペリエンス」がパンフ作製

 浦幌町で総合旅行業などを手掛ける「リペリエンス」(小松輝代表)は、ジャバラ折りの観光パンフレットを作製した。「かしこと浦幌町」の表題で20代女性の滞在記を中心に、写真も多用してまちの魅力を紹介し...

西郷に学ぶ島の「宝」 安田荘一郎さんが講演 奄美市生涯学習講座

 奄美で暮らした西郷隆盛の生き方を、経済という側面から捉え直す講演会が25日、鹿児島県奄美市名瀬の市民交流センターであった。講師を務めた「奄美『西郷塾』」の安田荘一郎塾長(69)=同市名瀬=は「...

「蒸し暑い」 熱中症疑われる救急増加 梅雨明け「真夏日」続く

 「蒸し暑い」「例年以上に(暑さを)感じる」-。鹿児島県奄美地方の梅雨明けが発表された22日以降、群島各地で最高気温30度以上の「真夏日」を観測している。これに伴い、熱中症が疑われる救急搬送が増...

奄美9海水浴場「AA」評価 県の水質調査、5段階で最高

 鹿児島県は24日、今年度実施した県内26カ所の海水浴場の水質調査結果を公表した。ほぼすべての海水浴場が最高評価の「AA」だった。奄美市名瀬の大浜海浜公園など、奄美群島内の4海水浴場は12年連続...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク