全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

コロナに負けず、シルバー食堂開店 瀬戸内町網野子 住民の孤立化防止で初実施

住民が笑顔で食事を楽しんだ笑楽会の地域シルバー食堂=20日、瀬戸内町網野子

 鹿児島県瀬戸内町網野子集落(森幸尚区長、41世帯78人)の老人クラブ「笑楽会」は20日、網野子集会所で地域・シルバー食堂を開いた。女性会員たちが豚汁とおにぎり、焼き菓子など約50食分を用意。訪れた地域住民は「手作りの温かい食事がうれしい」と笑顔を見せた。

 地域食堂は瀬戸内町老人クラブ連合会(徳永敬次会長、27単老948人)が推進する地域支え合い事業の一環。新型コロナウイルスの影響で地域活動が少なくなる中、住民の孤立化を防ごうと初めて実施した。

 メニューはおにぎりと豚汁、ピーナツ豆腐の梅だれかけ、島ウリの酢の物、おからとピーナツのケーキの5品。地域住民を招待し、時間を2回に分けて開催した。

 網野子集落は高齢者のサロン活動が活発な地域で、約10年前に森区長らを中心にサロンが発足。現在は30人ほどが毎月10回程度、体操教室や茶会などで健康づくり、仲間づくりに励んでいる。

 サロン活動は町内で新型コロナウイルスの感染が確認された場合は活動を休止するが、以前2カ月ほど休止した際、体調を崩したり、歩行が困難になるメンバーが出たという。

 笑楽会の福沢ワカエ会長(72)は「何もかも無くしてしまうと悪影響が大きい。人と会うこと、楽しく食事をすることも高齢者の健康にはとても大切」と話した。

 地域食堂は体温チェックや手指の消毒、会場の換気などの対策をとって実施した。来場者は家族や親しい友人同士で席に着き、「どれもおいしい」「普段自分で作って食べるが、人が作ったごはんは格別」と笑顔で食事を楽しんでいた。

関連記事

大樹の「宇宙観光」連携 日本旅行と町、スペースコタン

 日本旅行(東京)、大樹町、SPACECOTAN(スペースコタン、同町)の3者は7月、宇宙のまちづくりをテーマにパートナーシップ協定を締結する。日本旅行のノウハウを生かし「宇宙観光」を振興する。7...

北羽新報社

甘くみずみずしく 能代市で「白神きゃべつ」収穫盛ん

 能代市で、初夏取りキャベツの収穫が行われている。JAあきた白神によると「今年は玉のそろいが良く、収穫は順調に進んでいる」といい、現在は作業が終盤。各地の農家が梅雨空の中で汗を流している。新たに...

宇部日報社

厚狭秋まつりで披露されている古式行事を体験する会

 山陽小野田市の無形民俗文化財で、厚狭秋まつり(11月)で披露されている古式行事を体験する会が25日、厚狭地区複合施設体育館で開かれた。厚狭小の放課後子ども教室の1~6年生24人が参加。独特の踊...

長野日報社

養蚕 高品質な繭へ「上蔟」作業 長野県岡谷市

養蚕や桑栽培に取り組む長野県岡谷市川岸上の三沢区民農園は27日、飼育してきた春蚕4万頭の上蔟を同農園の蚕室で行った。十分に成熟して繭糸を吐き出すタイミングになった蚕を、繭を作らせるための蔟に移...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク