全国郷土紙連合

全国12新聞社加盟kyodoshi.com

北海道から沖縄県石垣島まで、南北に長い日本列島。今日もどこかでホットなニュースが生まれる。

ユリ球根取引始まる 沖永良部島 梅雨の晴れ間、掘り取り急ピッチ

ユリ球根の掘り取り作業に汗を流す生産者=23日、沖永良部島

 鹿児島県沖永良部島の2021年産テッポウユリの球根取引が20日から始まっている。今年の出荷量は182万球(前年実績216万6460球)を見込む。梅雨の晴れ間が広がった23日、島内各地のほ場では、急ピッチで掘り取り作業に汗を流す生産者の姿が見られた。取引期間は7月10日までの21日間。

 永良部百合フリージア生産出荷組合によると、生産者は45戸(和泊27、知名18)で、作付面積は1112アール。取引価格は前年と同額となった。SS~2Lの6サイズあるが、今年はS、Mを中心に引き合いがあるという。

 生産者が減少傾向にある中、担当者は対策として「県の育成した新しい品種の導入を検討している。減少に歯止めをかけ、現在の栽培量を維持できれば」と話した。

 この日、和泊町のほ場で掘り取り作業をしていた三島秀俊さん(66)は「長雨による葉枯れで肥大が悪いが、今年は大きいサイズが好まれないのでちょうどいい。昨日だけ休んだが、掘り取りは順調。集落でも球根の生産者は少ないが、今後も続けたい」と話した。

関連記事

荘内日報社

創立60周年節目祝う 羽黒学園 羽黒高校

 鶴岡市の羽黒高校(加藤和司校長、生徒766人)で23日、同校の創立60周年記念式典が行われ、在校生や教職員などが節目の年を祝った。  同校は1962(昭和37)年に羽黒工業高校として創立。89(平成元)年に...

「感じる」企画 祭典彩る ガーデンフェスタ北海道、来月24日まで 苫小牧で..

第39回全国都市緑化北海道フェア(ガーデンフェスタ北海道2022)が開幕した25日、苫小牧市の協賛会場である出光カルチャーパーク(末広町)でオープニングセレモニーが行われた。7月24日までの期間中...

インバウンドは「店長」におまかせ ハニフさん着任 道の駅うらほろ

 道の駅うらほろ(浦幌町北町16、国道38号沿い)に4月から、マレーシア人のイザハ・ハニフさん(28)が「店長」として勤務している。指定管理者の道の駅うらほろ直売会によると、2009年の開業以来、...

宇部日報社

新庁舎初の期日前投票所に整理券の発券機設置【宇部】

 参院選の期日前投票が、宇部市役所で始まっている。新庁舎初の期日前投票所は、正面入り口から入ってすぐの総合受付の奥にあり、コロナ禍の中、投票者が長蛇の列になっての密を避けるため、初めて整理券の発...

加盟新聞社

カテゴリー一覧

アーカイブ一覧

アクセスランキング

  • 週間アクセス
  • 月間アクセス

関連リンク